呪術廻戦クイズ(β版)に挑戦したい人はこちらをタップ!!

呪術廻戦137話 ネタバレ・感想・考察 ついにあの男が日本に帰ってきた!!

呪術廻戦137話の感想・考察です、ネタバレにはご注意ください。

やっと乙骨が本編に登場しました!!

乙骨の現在はどうなっているのでしょうか。

目次

呪術廻戦137話 ネタバレ 感想 考察

東京は壊滅状態

渋谷事変の終了後から描かれています。

正体不明の人物の会話で現状が語られました。

東京の現状
  • 放たれた呪霊は1000万以上。
  • 東京23区はほぼ壊滅。
  • 総理や霞ヶ関にも被害が出て政治的空白が生じている。
  • 呪霊の存在を公表するかもしれない。
    →東京に呪力の漏出をうながし、呪霊の発生を東京に限定する。

虎杖たちの情報は一切ありません。

偽夏油が大量の呪霊を召喚したあとどうなったかはわかりません。

歌姫と九十九の術式が早く知りたいんですが、お預けのようですね。

放たれた呪霊が1000万って多すぎるでしょ。

偽夏油は1,000年前からコツコツと契約してきたと言うけれど

1年に1万の呪霊と契約してることになる‥。

史上最悪の呪術師と呼ばれている加茂憲倫時代に大量の呪霊と契約したのでしょうか。

毎年1万というのはさすがに無理があるので、どっかでガッツリ稼いだと思うんですよね。

ポポロ

呪術全盛の平安時代に大量に契約したのかもしれませんね。

乙骨憂太登場!!!!!

ついに乙骨憂太登場です。

おそらく銀座和光(たぶん)の近くにいた少女を呪霊から助けました。
間違ってたらすみません。

里香ちゃんではなくリカちゃん??

少年を助けるときにリカちゃんが出たのですが、乙骨が「リカちゃん」と呼んでいます。

0巻のときは「里香ちゃん」でした。

それに0巻の最後で里香ちゃんは解呪したはずです。

なので0巻のような里香ちゃんではなさそう。

海外に言っていたのも里香ちゃんがらみなのかもしれませんね。

助けた少女は千人の虎杖??

乙骨が助けた少女に不思議なところがあります。

  1. 壊滅状態の東京で一人で生き残っている。
  2. 呪霊が見える。

この少女は千人の虎杖の一人ではないでしょうか。

術式を使えるようにイジられた方の場合は、乙骨でも気が付かない可能性があります。

腕を切断された狗巻

狗巻が虎杖によって腕を落とされたのがわかりました。

切り落とされた腕に呪符らしき包帯で巻かれている狗巻が描かれています。

虎杖といっても宿儺のことでしょう。

虎杖には腕を落とすような技はありませんし、狗巻と敵対するのも考えにくいので。

宿儺の領域展開に巻き込まれたと考えるのが妥当でしょうか。

そうだとしたら腕一本ですんだ狗巻は運がいい、実力があるということです。

そもそも反転術式で落とされた腕を治せないのでしょうか。

宿儺は虎杖の手を再生しましたね。

腕に巻かれている呪符らしきものが気になる。

宿儺の切断には特別な効果がついてるのかもしれません。

猛毒、呪いの王両面宿儺と7巻で言われていたので、切断後に毒の効果がついている可能性があります。

毒を防ぐために呪符を巻いているということです。

交流会で負傷した加茂憲紀は頭を包帯で巻いていました、そのときには呪符らしきものを使っていませんでしたし。

狗巻に巻いている呪符には何か意味があるはずです。

呪術総監部より通達

呪術総監部(おそらく呪術界の上層部)からの通達です。

❶夏油の死刑を宣告。
❷五条悟を夏油の共犯おつぃて呪術界から追放、封印を解くのも罪に。
❸夜蛾は五条と夏油をそそのかし渋谷事変をおこしたとし死罪。
❹虎杖の死刑執行を決定。
❺虎杖の死刑執行役は乙骨憂太。

乙骨は演じている?

五条の教え子だろうが関係ない、狗巻の腕を落とした虎杖は僕が殺すと乙骨は言っています。

友達思いの乙骨らしいのですが。

演じていると予想しています。

虎杖と乙骨は境遇が似ています。

狗巻の腕を切断したのは虎杖でなく、宿儺なのもわかっているでしょう。

呪術総監部も乙骨を疑っているのが描かれています。

なので乙骨と呪術総監部の関係もあまりよくないと考えていいでしょう。

ポポロ

乙骨を信じています!!

夜蛾が内通者かどうかは依然として不明

夜蛾は死罪になりました。

しかしこのことから夜蛾が内通者かどうかはわからないでしょう。

猪野の予想通りの展開になる??

猪野が予想していた通りの結果になってきました。

  1. 五条に救われていた術師が消される。
    →虎杖処刑へ
  2. 身を潜めていた呪霊や呪詛師が出ててくる。

なので次週以降に呪詛師が出てきそう。

虎杖処刑派と反対派で内部抗争に発展すると予想しています。

他の方の感想や考察を紹介コーナー

ここでは僕以外の感想や考察を紹介していきます。
*もし嫌でしたら即消します。

狗巻が腕を失った理由

棘が腕を失ったことについて多くの方が考察してますね。

これだったら棘ファンも納得できるのでは。

上層部ならやりそうなのがこわいですね。

呪術ファンは悲観しているけれど

乙骨が虎杖の処刑役として出たことで、呪術ファンには悲観的になっている方が多いですね。

僕も喜んでいます。

夜中に一人でニヤニヤしてました。

予想外の展開だったので、どうなるのか楽しみです。

まあ乙骨が本気で虎杖を処刑しようとしていても、最後は味方になってくれると信じていますから。

137話の確認テスト

137話の内容をもとにしたクイズを作りました。

軽い気持ちでご参加くさださい。

137話の確認テストに挑戦してみよう。

偽夏油が召喚した呪霊の数は?
虎杖に腕を落とされたのは誰?

0巻がおすすめ!!

ついに本編に乙骨が出ましたね!!

呪術廻戦0巻は乙骨を主人公とした呪術廻戦の前日譚です。

なので読んでおくとより本編を楽しめます。

U-NEXTの無料トライアルに申し込めば600円分のポイントがもらえます。

600円分のポイントで呪術廻戦0巻を買えば無料で読めます。

31日以内に解約すれば1円もかかりません。

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>


呪術廻戦137話

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

感想・考察・疑問をお待ち申しております。

コメント一覧 (6件)

  • あ、乙骨が助けたのは”少年”じゃなくて”少女”です、多分。1人称も”私”でしたし、髪も長くて束ねていました。
    あと乙骨くん、指輪していない様に見えました。まだしていたなら描写ありそうなのに、ありませんでしたね。

    • つゆりさんコメントありがとうございます!

      早速確認しました。
      少年でなく少女ですね。
      訂正しました。

      里香ちゃんとの婚約指輪ですよね。
      0巻では左腕の薬指に指輪をつけてるのに、今週のにはありませんね。

      全然気がつきませんでした!!
      これは伏線になってそうです。

      乙骨が指輪を外す理由がおもいつきませんが。

  • あと、乙骨の制服の色が1人だけ白なのも気になります。
    それから、悠二など困ったさん達は九十九さんが面倒を見てくれているといいですね…!!

    • 乙骨の制服の色が白なのは0巻からですね。
      4話で五条が「制服は希望があれば色々じってもらえる」と言っているので、乙骨が入学時に白を希望したのでは。

      困ったさん達は九十九姉さんが面倒見てくれると僕も思ってます。
      そうなると九十九と乙骨の特級同士のバトルが見れるかもしれません。
      楽しみだけど、内輪揉めは呪術界にとってマイナスですね。

  • 夜蛾さんの死刑宣告はフェイクじゃないかな?
    虎杖を取り逃がした時に、違和感なく同行できるように同じ境遇と偽らせてるんだと思うよ。
    つまり、夜蛾と上層部は結託している。で、どっちもメロンパンの協力者、って事も有り得る。

    五条の封印
    結界術である以上、封印効果を高める為に弱点も作っているはず。対象者の呪力を封じてから箱に詰める、という仕組みから、「内側からの呪力攻撃」に対する防御は捨てている可能性がある。ならば…
    釘姉の出番じゃないか?
    死の淵をさ迷う事で「呪力の核心」反転術式に目覚めて生還。
    五条に共鳴りを打ち込む為の繋がりは、コーヒーをこぼしたシャツなんてどうかな。
    あのシャツ、やたら高かったのは素材が絹だから、だとする。
    絹は他の話でも時折「霊的な力を帯びる」素材として扱われる事があるけど、それを五条は無下限術式で体を守る補助に使っていた。例えば1時間 無下限を発動→30分はシャツが吸い込んだ無下限が体を守る、みたいな感じで。
    で、長年五条の術式を吸い込んだシャツには、第二の皮膚くらいの五条との繋がりが生まれていた。
    共鳴りで呪力を飛ばしちゃうと無防備な五条が危ないから、覚えたての反転術式をシャツを通じて共鳴りで打ち込む→想定外の攻撃で結界が崩壊、なんて胸アツな展開にならないかなあ…

    • 村人さんコメントありがとうございます。

      >>夜蛾さんの死刑宣告はフェイクじゃないかな?
      虎杖を取り逃がした時に、違和感なく同行できるように同じ境遇と偽らせてるんだと思うよ。
      つまり、夜蛾と上層部は結託している。で、どっちもメロンパンの協力者、って事も有り得る。

      夜蛾と上層部は結託している可能性もありますね。
      夜蛾の内通者説は低くなったと思いますが、どうなるかわからないです。

      >>五条の封印
      結界術である以上、封印効果を高める為に弱点も作っているはず。対象者の呪力を封じてから箱に詰める、という仕組みから、「内側からの呪力攻撃」に対する防御は捨てている可能性がある。ならば…

      言われてみれば、何かしらのリスクをおっているかもしれませんね。
      粟坂が守っていた嘱託式の帳は、見つかるリスクと結果以外にいることで帳の強度をあげていました。
      そうなると、獄門疆にも何かしら弱点があってもおかしくないですね。
      全然気がつきませんでした。

      >>釘姉の出番じゃないか?
      死の淵をさ迷う事で「呪力の核心」反転術式に目覚めて生還。
      五条に共鳴りを打ち込む為の繋がりは、コーヒーをこぼしたシャツなんてどうかな。
      あのシャツ、やたら高かったのは素材が絹だから、だとする。
      絹は他の話でも時折「霊的な力を帯びる」素材として扱われる事があるけど、それを五条は無下限術式で体を守る補助に使っていた。例えば1時間 無下限を発動→30分はシャツが吸い込んだ無下限が体を守る、みたいな感じで。
      で、長年五条の術式を吸い込んだシャツには、第二の皮膚くらいの五条との繋がりが生まれていた。
      共鳴りで呪力を飛ばしちゃうと無防備な五条が危ないから、覚えたての反転術式をシャツを通じて共鳴りで打ち込む→想定外の攻撃で結界が崩壊、なんて胸アツな展開にならないかなあ…

      共鳴りで、五条を通して反転術式を獄門疆の内部に打ち込み、獄門疆の呪いを祓うということでしょうか。
      あのTシャツのくだりも伏線となっていたのならめちゃ熱いですね!!

      個人的にはこの展開見てみたいです。
      成功したときの釘姉の反応が見たい。

      自分では思いつかない考察が聞けて楽しかったです。
      ありがとうございました。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる