呪術廻戦クイズ(β版)に挑戦したい人はこちらをタップ!!

【呪術廻戦 考察】狗巻棘 術式 まとめ

呪術廻戦の狗巻棘についてまとめ書いていきます。

狗巻は呪言師で、語彙はおにぎりのおかずだけという変わったところがあります。

そのおにぎりのおかずの意味についての考察も書いていきます。

目次

狗巻棘の人物像

狗巻棘とは

呪術廻戦 芥見下々 2巻 引用

所属 呪術高等専門学校東京校2年生
等級 準1級
術式 呪言
領域展開 不明
反転術式 不明
術式反転 不明
黒閃 不明

 

狗巻棘は、言霊の増幅、強制の術式を使う呪言師。

 

1年の時点で既に2級術師という優秀な生徒です。

2年生の現在は、準1級と同級生の中でも頭一つ抜けています。

 

普段の会話はおにぎりのおかずだけ。

狗巻は生まれた時から呪言が使えて、呪うつもりのない相手を呪い苦労してきたようです。

そんな経緯もあり、日常の語彙はおにぎりのおかずだけなのです。

 

狗巻の特徴

  • 身長は低め。
  • 身体能力は高め。
  • 悪ノリ大好き。
  • ツナマヨが1番好きなおにぎり。

     

    狗巻に対する評価

    乙骨憂太:ちょっとだけ怖い。
    初期の印象。語彙がおにぎりのおかずだけなのでとっつきにくかったのでしょう。
    その後2人は仲良しになっています。

    パンダ:誤解されやすいけれど善い奴。
    語彙に制限があるので誤解されやすいようですね。

    西宮:いてもいなくても厄介
    呪言を常に警戒しないといけないのです。

    狗巻棘の術式 呪言

    呪言とは言葉に呪いを込める術式です。

    耳から脳にかけて呪力で守ることで呪言を防ぐことできるので、呪言がくるとわかっていれば守ることは簡単にできます。

    なので対人より対呪霊に強いのが呪言です。

    呪霊に呪言は非常に強力で、低級の呪いだとあっさりと祓えます。

    下の引用は「東京都立呪術高等専門学校」で見せた呪言の強さです。

     

    「爆ぜろ」

    東京都立呪術高等専門学校 芥見下々 2話 引用

    の一言で低級の呪いは爆発して払われました。

    東京都立呪術高等専門学校 芥見下々 2話 引用

    また33話で、交流会の対戦相手である京都校の西宮は、狗巻に一網打尽にされるのではと警戒しています。

    防御していない状態で呪言を受けると全員が一気にやられる可能性があるということです。

     

    このことからも呪言は広範囲に攻撃できる強力な術式だということがわかります。

    電話越しの相手にも呪言で攻撃できます。

    呪言のリスク

    強力な術式である呪言にはリスクもあります。

    呪言を使うとのどがかれるのです。

    東京都立呪術高等専門学校 芥見下々 2話 引用

    一回使うだけでのどがかれてしまうので連発するのは難しいです。

    使うタイミングが問われる術式といえるでしょう。

     

    格上相手にはデカい反動がくる。

    呪術廻戦33話のパンダの言葉を引用します。

    実力差でケースバーイケースだけど

    強い言葉を使えばデカい反動がくるし

    最悪自分に返ってくる

    語彙を絞るのは

    棘自身を守るためでもあんのさ

    自分に返ってくるという点が非常に危険です。

     

    花御(特級)に呪言を使い続けたことで吐血し、倒れてしまいました。

    狗巻棘が使うおにぎりの意味 考察

    狗巻棘が使うおにぎりのおかずの意味を考察していきましょう。

    122話までのおにぎりのおかず発言回数を数えてみました。

    おにぎりのおかずの意味

    「しゃけ」が肯定

    「おかか」が否定

    それ以外は芥見先生もわかっていないようです。

    狗巻棘の戦績

    狗巻棘の戦績をまとめました。

    狗巻の戦績
    1. 低級の呪いの群れ:勝利。爆ぜろ!の一言で祓う。
    2. 準1級の呪霊  :勝利。夏油が召喚した呪霊。乙骨と協力し祓った。
    3. 夏油傑(特級) :敗北。パンダと共に挑むが敗北。
    4. 花御(特級)  :呪言の反動で倒れる。

    番外編

    狗巻がおにぎりのおかず以外の言葉を使っためずらしいシーン

    夏油が乙骨を狙いに高専に来たときに、乙骨に言った言葉があります。

    「憂太、逃げろ 」

    東京都立呪術高等専門学校 芥見下々 3話 引用

    呪術廻戦の登場人物 キャラ まとめはこちらです。

     

    狗巻に関連するキャラ↓

    呪術廻戦考察 乙骨憂太 まとめ

    呪術廻戦 禪院真希 まとめ

    呪術廻戦 パンダ まとめ

    呪術廻戦 五条悟 術式(能力)無下限呪術 まとめ

    呪術廻戦 日下部篤也(くさかべあつや)の術式や人物像を徹底解説

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!

    感想・考察・疑問をお待ち申しております。

    コメント一覧 (5件)

      • 山田 康介さん、コメントありがとうございます。

        狗巻が話すおにぎりの具の意味のことでしょうか?

        0巻の104ページにもある通り、「しゃけ」が肯定、「おかか」が否定でそれ以外は芥見先生でもわからないそうです。
        なので意味がわかっているのは2つだけで、他の具にも意味があると考えられます。

        その意味も文脈で変わってくるのではないでしょうか。
        46話で、狗巻の話を伏黒恵は理解し加茂は理解できてないことから、狗巻と長く一緒にいるとおにぎりの具の意味がわかってくるのでしょう。

    • 呪術迴戦、最っ高に面白いです‼︎
      どのキャラクターも個性的で特に棘くんと真希ちゃんが好き〜

      呪術甲子園やばい〜   野球アニメを観てる気分だった。

      • ヲタさんコメントありがとうございます。

        呪術廻戦おもしろいですよね!!
        最近はファンも増えてきてとてもうれしい。

        棘、真希の2年生たちも魅力的ですよね。
        アニメ棘の声が特に好きです。
        呪術廻戦は主人公以外にも魅力的なキャラが多いのが特徴だと思っています。

        野球回いいですよね。
        日常回を少し増やして欲しいっていつも思ってます。

    • 呪術迴戦の第1期が終わってしまった⤵︎
      毎週楽しみにしていたからすごく悲しい(._.)
      早く2期やって欲しいなぁ〜

      とうとう、虎杖たちが一級に推薦されたー!
      葵と冥冥が一段とカッコ良く見えた!

      2期よ、早く始まれー‼︎

    コメントする

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    目次
    閉じる