呪術廻戦 登場人物

呪術廻戦 パンダ まとめ

呪術廻戦のパンダについてまとめていきます。

パンダは突然変異の呪骸で、呪骸なのに人格があります。

*呪骸とは、人形に呪いをこめたもの。

そんなパンダにせまっていきましょう。

パンダとは

呪術廻戦 芥見下々 10話 引用

パンダは突然変異の呪骸で、東京都立呪術高等専門学校2年生。

準2級の呪術師です。

パンダの生みの親は夜蛾学長

パンダは、夜蛾学長の最高傑作の呪骸です。

本来、呪骸は無生物なので感情を持っていませんが、パンダには感情があります。

どうしてパンダは感情を持っているのか、今のところわかっていません。

 

また小さい頃のパンダはオムツをしていました。

そのことから、食事を取る、成長することがわかります。

ほとんど生物と同じ特徴を持っているのです。

パンダは頭脳派

パンダは、近接を得意としています。

ゴリゴリの肉弾戦をする一方で頭脳戦もできます。

 

パンダの頭脳戦が見れたのは、メカ丸との戦闘です。

パンダ自身かなり特殊な存在ですが、メカ丸も天与呪縛という特殊な事情を持っていました。

 

お互い変わり者同士で相手の行動を予想しにくいなか

パンダはメカ丸の行動を観察し、考えることによって、早い段階でメカ丸の正体に迫ることができました。

逆にパンダは、核の位置をブラフ貼ったり、そもそも核が3つあることをメカ丸にわからせないまま戦闘しています。

 

この情報戦で優位に立つことで、パンダはメカ丸に勝つことができたのです。

この戦いぶりをみると

パンダは頭脳派と言っていいでしょう。

パンダにはお姉ちゃんとお兄ちゃんがいる!?

多くの呪骸は核を1つ持っています

しかし、パンダには3つの核があります。

バランス重視のパンダ核、パワー重視ゴリラ核、3つ目の核はまだわかっていません。

呪術廻戦 芥見下々 38話 引用

 

パンダの生みの親の夜蛾学長は、ゴリラ核とまだわかっていない核を、お兄ちゃんとお姉ちゃんと言っています。

おそらくパンダを作る前に、作られた呪骸の核がパンダに入っているのでしょう。

 

3つの核があることはパンダを強くしています。

パワー型、バランス型と使い分けられるだけでなく、3つの核が全部やられない限りパンダは動くことができるのです。

 

最後の核の予想

最後の核についてわかっているのは、照れ屋なお姉ちゃんということだけです。

 

バランス型、パワー型ときているので、最後の核はのスピード型でないでしょうか。

照れ屋という性格から肉食というより草食動物っぽいです。

 

最後の核は、スピード重視の馬核と予想しています。

 

まとめ

パンダは、感情を持っている呪骸という特殊な存在です。

呪骸といってもほとんど人間と変わりません。

 

どうして感情を持っているのか、最後の核は何かなどパンダには謎がまだあります。

 

呪術廻戦の登場人物 キャラ まとめはこちらです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。