MENU

呪術廻戦 五条悟 術式(能力)無下限呪術 まとめ

2020 5/09
呪術廻戦 五条悟 術式(能力)無下限呪術 まとめ

五条悟についてまとめてみました。

 

本記事の内容は以下の通りです。

  1. 無下限呪術を徹底解説
  2. 領域展開 無量空処の解説
  3. 五条が最強である理由
  4. 五条についていろいろ
目次

五条悟とは

五条悟とは

呪術廻戦 芥見下々 1巻引用

呪術高等専門学校一年の担任。

身長190㎝以上

年齢 28歳

甘党。

大物呪術師である菅原道真の子孫であり、乙骨憂太とは遠い親戚。

五条家は呪術界の御三家。

加茂家禪院家が残りの御三家

 

強力な術式「無下限呪術」、特別な眼「六眼(りくがん)」を持ったうえで反転術式で自己治療もできるという最強の呪術師です。

 

自分でも最強と発言しており、

呪いの王と言われている両面宿儺が力を取り戻した状態でも勝てる宣言。

 

五条にかかると特級の漏瑚も雑魚扱いです。

戦いの最中に虎杖を連れてきて見学させるくらい余裕がありました。

 

五条悟の術式 無下限呪術を徹底解説!!

五条は無下限呪術を使い様々なことをしています。

 

無下限呪術は、相手と自分の間に無限を作り出し、自分に近づくものをどんどん遅くし、結局は触れることもさせないというものです。

 

相手の攻撃をほとんど無下限呪術で防ぐことができます。

 

近づくものをどんどん遅くする=止める

これが基本です。

 

これを応用すると以下のことができます。

  1. 吸い込む反応を作り出す    (術式順転 蒼)
  2. 吹き飛ばす         (術式反転 赫)
  3. 地面を深くえぐるほどの攻撃  (虚式 茈)
  4. 呪力で強化した以上の速さで打撃
  5. 自分や他人をワープさせる

 

順番にみていきましょう

 

❶術式順転 蒼(あお)

「近づくものをどんどん遅くする」

 

これを強化すると虚構が生まれ吸い込む反応ができます。

 

それが

術式順転 蒼です。

 

術式順転 蒼

呪術廻戦 芥見下々 71話 引用

 

蒼の弱点は、自分の近くに大きな反応を作れないこと

指向性を気にしだすと呪力操作が難しいことです。

 

❷術式反転 赫(あか)

術式反転とは、反転術式でつくられたプラスのエネルギーで術式を使うと効果が反転するというものです。

詳しくはこちらの記事の術式反転の項目を見てください。

 

「近づくものをどんどん遅くする=止める」の反対なので

「遠くへ早く移動させる=弾く」

 

これが術式反転 赫の効果です。

 

赫

呪術廻戦 芥見下々 74話

 

❸虚式 茈(むらさき)

術式順転 蒼と術式反転 赫の相反する無限を混ぜ合わせて生成した仮想の質量を押し出す技が

虚式 茈です。

 

茈は規格外の破壊力を持っており、地面が大きくえぐました。

 

呪術廻戦 芥見下々 52話 引用

 

❹呪力で強化した以上の速さで打撃

漏瑚戦で見せたものです。

 

五条の掌底を受けた漏瑚は「速い、ただ呪力で強化したものではない」と言っています。

 

どんな原理で五条がこの掌底を放ったのかはわかっていません。

 

術式反転 赫を応用したものだと考えられます。

自分自身の体に赫を使い打撃の速度上げたのでしょう。

 

自分や他人をワープさせる

0巻でパンダと狗巻を高専に飛ばしました。(下の画像参考)

2巻では、漏瑚戦の最中に高専にいき、虎杖を連れてきています。

 

無下限呪術 ワープ

呪術廻戦 芥見下々 0巻 3話 引用

 

芥見先生によると、限られた条件下でのみワープみたいなことができるようです。

 

遠くへ瞬時に移動しているので、術式反転 赫を応用したものかなと考えています。

 

パンダと狗巻と飛ばす前に円陣を書いているので、円陣が条件の1つなのかもしれません。

 

術式対象を自動選択と術式の常時発動

 

無下限呪術の対象の選択を自動ですることができます。

呪力の強弱、質量、速度、形状から物体の危険度を選別し術式を発動するか自動で決められるのです。

 

 

自動選択によって最小限のリソースで無下限呪術が使えるので

 

術式の常時発動が可能になりました。

 

術式を常時発動することで

不意打ちにも耐性ができ、防御面が一段と強くなりました。

 

術式の常時発動で負担のかかる脳に反転術式をすることによって、疲労の蓄積を防いでいます。

領域展開 無量空処

無量空処

呪術廻戦 芥見下々 89話 引用

 

五条の領域展開は「無量空処(むりょうくうしょ)」です。

知覚、伝達、生きるという行為に無限回の作業を強制させるもので

やられた側は、何もかも見え、全て感じ、情報が完結しないので何もできなくなります。

 

処理できない量の情報を与え脳をフリーズさせるということです。

 

五条は渋谷事変で無量空処を発動させます。

0.2秒間の無量空処で半年間の情報量が流し込まれ、非術師は気絶。

漏瑚、真人、脹相も身動きできない状況でした。

 

五条が最強である要因

五条が最強である要因をあげます。

  1. 術式が攻防ともに強い。
  2. 領域展開ができる。
  3. 六眼を持っている
  4. 反転術式で自己治療ができる。
  5. 体術も強い。

1、2に関してはもう書いたので残りの要因を書いていきます。

 

五条の特別な目 六眼とは

無下限呪術に必要な緻密な呪力操作を可能にしているのが六眼(りくがん)です。

六限の詳しい情報はありません。

 

描写から推測すると

  1.  生まれ持ったもの。無下限呪術との組み合わせはうん百年ぶり
  2. 無下限呪術の緻密な呪力操作を可能にする。
  3. 見るだけで相手の術式がわかる。
  4. 呪力を感知できる。

 

特に相手の術式がわかるので初見の相手にも強く立ち回ることができます。

 

反転術式で自己治療もできる!!

伏黒恵の父に滅多刺しに合います。

喉を貫かれ、足を何度も刺され、額にナイフを刺されたのです。

 

しかし、その状況から反転術式で自己治療をし復活しました。

意識さえ残っていれば、首を切断されない限り反転術式で治療できそうです。

反転術式についてはこちらで解説しています。

 

体術も高いレベル

漏瑚と花御を相手に無下限呪術を解いて体術のみで戦闘し圧倒します。

 

特級2体に対して体術で対処できるのは五条くらいでしょう。

体術も五条が最強といえるのでは。

 

五条についていろいろ

高専の先生をやっている理由

「あの人は高専でブラブラしていい人材じゃないんだよ」という伊地知の発言通り、最強の術師がなぜ高専の先生をやっているのでしょうか。

 

呪術界の上層部は世襲で決まっていて、傲慢馬鹿、保身馬鹿がたくさんいます。

そんな呪術界をリセットしたい。

リセットしたいからといって上層部を殺し、一掃しても誰もついてきてくれない。

だから強く聡い仲間を育てて呪術界を変えていきたいというのが五条の願いです。

 

 

五条悟封印計画の考察はこちらをご覧ください。

呪術廻戦の登場人物 キャラ まとめはこちらです。

 

呪術廻戦のコミックスを無料で読む方法

U-NEXTの無料体験をすると600円相当のポイントがもらえます。

なのでジャンプや呪術廻戦1巻〜6巻、呪術廻戦0巻が無料で読めます。

特に呪術廻戦0巻がオススメです。

0巻は乙骨憂太が主人公とした物語で、乙骨VS夏油等みどころがたくさんあります。

読んでいない方は今読んでおくと本編がより楽しくなるのでオススメです。

 

無料期間は入ってから31日間なので月末かどうか気にする必要はありません。

無料期間中に解約しても違約金もありませんし

解約するのも簡単なので、とりあえず登録してみてはいかかでしょうか。

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>




本ページの情報は2019年7月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

目次
閉じる