呪術廻戦考察 乙骨憂太 まとめ

呪術廻戦の乙骨憂太についてのまとめと考察です。

まだ乙骨は「呪術廻戦」に登場していませんが、前作の「東京都立呪術高等専門学校」で主役でした。

学生でありながら特級呪術師の乙骨とはどういった人物なのでしょうか。

 

現在の乙骨についての考察はこちらに詳しく書いています。

目次

乙骨憂太とは

乙骨憂太とは

芥見下々 呪術高等専門学校 1話 引用

 

乙骨憂太は特級呪術師です。

 

6年前、乙骨と結婚を約束していた幼馴染の祈本里香が交通事故で死亡。

そのときに、祈本里香が特級過呪怨霊となり乙骨につきました。

里香は乙骨に危害をなすものを排除しようとし、乙骨をいじめようとした同級生4人が重傷になります。

 

乙骨の強さの秘密

0巻時点での乙骨は呪言の使用、反転術式で治療した上で夏油と戦っています。

 

このような無条件の術式のコピー、底なしの呪力は

最愛の人の魂を抑留する縛りによって成り立っていたものです。

 

呪術廻戦で乙骨が登場しても術式のコピーはできないでしょう。

 

呪術高等専門学校に来た理由

里香がついたことにより、乙骨の周りの人に被害を出していた。

乙骨は、それを理由にナイフで自殺をしようとするほど悩みます。

五条の「呪いは使い方によっては人を助けることにも使える」という言葉を聞き呪術高等専門学校に行くことを決意しました。

 

里香がついてから周りの人と関わらないようにしていていましたが

本当は誰かと関わりたい、誰かに必要とされたい。

そして生きていて良いという自信が欲しかったのです。

 

乙骨と五条は遠い親戚関係

乙骨の家系を調べると菅原道真の子孫であることがわかりました。

菅原道真は、日本三大怨霊の一人で超大物呪術師です。

乙骨の呪力の強さはこの血筋によるものでしょう。

また五条悟も菅原道真の子孫で、乙骨と五条は遠い親戚関係にあります。

 

解呪達成

里香が乙骨に呪いをかけたと思われていましたが

里香の死を拒んだ乙骨がリカに呪いをかけていたのです。

夏油との戦闘のときに、乙骨側から呪いを解くことを約束し、リカは解呪されました。

 

呪術高等専門学校 芥見下々 4話 引用

呪術廻戦の乙骨 考察

呪術高等専門学校の乙骨の強さ

夏油戦で見せた乙骨の強さは尋常じゃありません。

高等呪術の呪言を使ったり、反転術式を使い仲間の治療をできただけてはなく

特級仮想怨霊「化身玉藻前」と夏油が持っていた4461体の呪いを一つにした呪霊操術、極ノ番「うずまき」を相手にし、勝ちました。

 

現在の乙骨

里香が解呪されてから乙骨の戦い方、強さはわかりません。

里香は乙骨の呪いでした。

結婚を約束していた幼地味の死という条件でできた呪いなので、普段からあのレベルの呪いを使うことはできないでしょう。

 

でも呪術廻戦11話で五条先生は乙骨を自分に並ぶ術師になると評価しています。

なのでリカ解呪後も一定の強さを持っていると思われます。

 

乙骨は反転術式ができるので自己治療をすることができます。

乙骨の術式は不明ですが

術式反転で術式の効果を反転できるので、五条みたいに様々な技が使えるようになるかもしれません。

 

反転術式 術式反転の詳細はこちらに書いています。

五条悟の技(術式)はこちらでまとめています。

現在の乙骨に関する考察はこちらで書いています。

 

乙骨の呪力量

乙骨の強さは呪力量にあると思われます。

夏油も乙骨の呪いであるリカを見て、底なしの呪力の塊と言っています。

菅原道真の子孫であるという血筋の良さからくる呪力量の多さ、それが乙骨の強さなのではないでしょうか。

 

呪術廻戦0巻を実質無料で読む方法

U-NEXTなら無料体験内で600円相当のポイントがもらえるので呪術廻戦0巻も実質無料で読めます。(2019年5月2日現在)

 

乙骨を主人公とした呪術廻戦0巻を読んでない方は是非この機会をご利用ください。

乙骨が呪術廻戦で再登場する前に読んでおいた方が本編もより楽しめると思います。

無料期間である1ヶ月以内に解約すれば1円もかかりません。

入った日から31日間が無料期間です。

なので月末だからとためらう必要はありません。

 

漫画以外にも映画も見れるので是非興味がある方はのぞいてみください。

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>





 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 骨さんコメントありがとうございます。

    リカなし乙骨でも強いと思います。
    五条に期待されてるくらいなので。

    さらに海外でパワーアップして帰ってくるでしょう。
    再登場が楽しみですね。

コメントする

目次
閉じる