呪術廻戦 呪物 まとめ

今回は呪物についてまとめてみました。

呪術廻戦は虎杖が特級呪物である「両面宿儺の指」を食べることから始まりました。

 

現在「両面宿儺の指」「獄門疆」「呪胎九相図」の3つの特級呪物で出ています。

これらはどんなものなのでしょうか。

目次

呪物とは

取り込むことで呪力を得ることができる

呪物を取り込むことで呪力を得ることができます。

虎杖は宿儺の指を食べることによって呪力を得ました。

 

宿儺の指を呪いが欲しがるのは、強い呪力を得たいからです。

 

取り込むことで異形な姿になる

特級呪物の呪胎九相図を取り込まされた人物は異形な姿になりはてました。

呪術廻戦 芥見下々 55話 引用

 

自我もなくなっているようです。

 

等級がある

呪物にも等級があります。

現在のところ特級呪物しか出ていませんが、特級以下の呪物あると思われます。

 

魔除けとして利用されている

呪いが溜まりやすいので、たいていの学校には魔除けとして呪物がおいてあるようです。

両面宿儺の指も虎杖が在籍した高校に魔除けとしておいてありました。

 

たいていの学校に魔除けとして呪物がおいてあるということは、それだけ呪物も多いということですね。

 

呪詛師が欲しがっている

夜蛾学長は、特級呪物が流出したことを呪詛師界隈に知らせたくないと発言しています。

そのことから呪霊だけでなく呪詛師の中にも呪物を欲しがる者がいるということがわかります。

 

特級呪物は壊せない

55話の夏油によると特級呪物は壊せないようです。

なので、他に害をなさないという縛りを課すことによって呪物の存在を保障しているようです。

 

両面宿儺の指

全部で20本ある指

腕が4本あった両面宿儺には指が20本あります。

 

宿儺は、呪物となったうえでも強力で

指を壊すこともできないし、封印するのも追いつかないという状況です。

 

呪術廻戦 芥見下々 53話 引用

 

指を奪い合う高専と呪霊

高専も呪霊も指20本を集めようとしています。

 

高専は全ての指を虎杖に取り込ませた上で、虎杖と宿儺を一緒に殺すつもりです。

 

呪霊たちは、両面宿儺を完全復活させて、人間を全滅する計画を持っています。

 

獄門疆(ごくもんきょう)

獄門疆とは

呪術廻戦 芥見下々 12話

 

  • 獄門疆は生きた結界。
  • 源信の成れ果て。*源信とは平安時代の偉い僧
  • 獄門疆に封印できないものはない。
  • 封印条件は1分間 有効範囲4m以内に留めること。
  • 1分といっても脳内時間で1分。
  • 封印の解除もできる。

 

封印できないものはないなら両面宿儺の封印もできるんですね。

 

呪胎九相図(じゅたいくそうず)

真人が高専から盗んだ

両面宿儺の指と一緒に高専から盗んだのが、呪胎九相図です。

真人が盗んだのが1番〜3番なので、名前通り9つあります。

 

呪術廻戦 芥見下々 53話 引用

 

呪胎九相図とは何かを考察

呪胎九相図とは何か、これもまだわかっていませんが名前から推測してみましょう。

 

「九相図」とは死体が朽ちていく様子を9段階に描いた仏教絵画です。

死体の腐敗が始まる様子から、燃えて灰になる様子を9段階に描いています。

 

なので呪胎九相図は呪いができていく様子を9段階に表した呪物だと考えられます。

呪胎から生じる段階から呪いが大きくなる段階までを9段階に表した呪物なのでしょう。

 

4話で出た呪胎は生まれる直前なので呪胎九相図の9番目がこれに似てくるのでしょうか。

 

呪術廻戦 芥見下々 4話 引用

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる