呪術廻戦 呪物の徹底解説&一覧

呪物の解説とその一覧を紹介します。

呪物は呪術廻戦において重要な用語なので押さえておきましょう。

目次

呪物とは 呪いを宿した物体

特級呪物 両面宿儺の指

呪物とは呪いを宿した物体です。

 

呪物の特徴

  • 呪物にも等級がある。
  • 取り込むことで呪力を得られる。
  • 人が呪物を取り込むことを受肉と呼ぶ。
  • 呪物を取り込んだ人が死ぬと、呪物も死ぬ。
  • 魔除けとして利用されることがある。
  • 特級呪物は壊せないので、生命を止め他に害をなさないという縛りで存在を保障している。

 

呪物を取り込んだ場合が多く出ます。

取り込んだ例を二つにわけて解説してきます。

人が呪物を取り込んだ例:虎杖悠仁、呪胎九相図
呪霊が取り込んだ例  :少年院呪霊、八十八橋呪霊

 

人が呪物を取り込んだ例:虎杖悠仁、呪胎九相図

人が呪物を取り込んだ例は虎杖悠仁と呪胎九相図があります。

 

この二つの大きな違いとして、人が主導権を握っているのと、呪物が主導権を握っていることあげられます。

 

おそらく人と呪物の間で肉体の主導権をめぐる綱引きが行われており虎杖は勝ち、

呪胎九相図を取り込んだ人物は完全に負けているのでしょう。

虎杖も一時的に宿儺に主導権を握られています。

呪術廻戦 両面宿儺の人物像や術式を徹底解説

 

呪霊が取り込んだ例:少年院の呪霊、八十八橋の呪霊

呪霊が呪物を取り込んだ例の特徴として、主導権を呪霊が握っていることがあげられます。

 

少年院の呪霊、八十八橋の呪霊どちらも両面宿儺より格下の呪霊です。

どちらも呪霊側が主導権を握っているので、呪霊は呪物を取り込んでも主導権を取られないと考えられます。

*数が少ないので仮説でしかありません。

 

どちらも似たような姿をしています。
これは宿儺の指に影響されているのではないでしょうか。

両面宿儺の指

特級呪物 両面宿儺の指

呪術廻戦 芥見下々 1巻引用

主人公虎杖が取り込んだのが両面宿儺の指。

 

両面宿儺の指の特徴

  • 全部で20本ある。
  • 壊すことができない。
  • 日に日に呪いが強まっていく。

 

両面宿儺の指を取り込んだもの:虎杖悠仁、少年院の呪霊、八十八橋の呪霊

獄門疆(ごくもんきょう)

呪術廻戦 芥見下々 12話

 

獄門疆の特徴

  • 獄門疆は生きた結界。
  • 源信の成れの果て。
    *源信とは平安時代の偉い僧
  • 獄門疆に封印できないものはない。
  • 封印条件は1分間 4m以内に留めること。
  • 1分といっても脳内時間で1分。
  • 1名のみ封印できる。
  • 封印の解除もできる。
  • 獄門疆の中では物理的時間は流れていない。
獄門疆の使い方

呪術廻戦 芥見下々 11巻 引用

 

呪術廻戦 五条悟 術式(能力)無下限呪術 まとめ

    呪胎九相図(じゅたいくそうず)

    呪術廻戦 呪胎九相図

    呪術廻戦 芥見下々 7巻 引用

    明治の初めに呪霊の子を孕む特異体質の娘がいました。

    その娘と娘を孕ませた呪霊、その間に加茂憲倫の血を混ぜてできたのが呪胎九相図です。

     

    呪胎九相図の特徴

    • 全部で9体ある。
    • 脹相が長男、壊相、血塗と続く。
    • 残りの6体がどこにあるかは不明。

     

    死体が朽ちていくのを9段階に描いた九相図がモデル

    呪物

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!

    感想・考察・疑問をお待ち申しております。

    コメントする

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    目次
    閉じる