呪術廻戦 血塗の術式と人物像を徹底解説!!

目次

血塗(けちず)の人物像

等級特級相当
術式蝕爛腐術(しょくらんふじゅつ)
登場巻7 8巻
備考欄特級呪物の呪胎九相図が受肉したもの

血塗は特級呪物の呪胎九相図が受肉した物です。

脹相、壊相が兄。

脹相や壊相は人型なのに血塗は顔の下に口がついているという異形をなしています。

受肉先の人間が最後まで真人を視認できないほど呪いに才能がなかったのが原因かもしれません。

受肉後、脹相の決断により真人たち呪霊に組みします。

真人と偽夏油に宿儺の指の回収を指示され現場に赴くと虎杖、釘崎と遭遇し戦闘になります。

蝕爛腐術「朽」で2人を追い詰めるが、釘崎が相性の悪い芻霊呪法の使い手だったことと黒閃を決められ敗北。

釘崎の簪で殺害されました。

血塗の術式 蝕爛腐術(しょくらんふじゅつ)

蝕爛腐術は血液を毒物に変えて攻撃する術式です。

*描写を見た僕の予想です。

血塗が見せたのは「朽(きゅう)」だけです。

兄と同じく蝕爛腐術 極ノ番「翅王」を使えるかはわかりません。

術者の血液を粘膜や傷口を通して相手に侵入させた状態で術式を発動すると、血液の侵入箇所から腐り始めます。

  • 術式の発動から10分から15分で相手を殺害できる。
  • 発動さえできればほぼ勝ちの術式。
  • 防ぐには術式の発動をやめさせる他にない。

血塗の戦績

対戦相手勝敗解説
虎杖&釘崎敗北釘崎の簪で止めを刺される

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる