呪術廻戦クイズ(β版)に挑戦したい人はこちらをタップ!!

呪術廻戦 133話 ネタバレ注意!! 感想 考察

呪術廻戦133話の感想・考察です。

目次

呪術廻戦133話 感想 考察 解釈

呪術ファンの僕が最新話をこう読んだという解釈です。
異論があったらぜひコメントください、とても喜びます。

先週の続きに入る前に少し過去に戻り、虎杖と合流する前の東堂、パンダと日下部、冥々と憂憂、脹相の現状が描かれました。

東堂が言うことためらった「あのこと」とは

東堂は虎杖と合流する前に、渋谷駅の副都心線のホームに行っていました。

そのときには偽夏油が獄門疆を持って立ち去っていたのです。

127話で東堂が虎杖に言うのをためらった「あのこと」とは、獄門疆を持って逃げられたことだと考えられます。

ポポロ

虎杖のモチベが下がるのを気にしたのでしょう。

日下部は虎杖の処刑に賛成

渋谷ストリーム前でパンダが瓦礫の下に日下部を発見。

日下部は元気そうなので、瓦礫の下にいて渋谷事変が終わるのを待っていた感じですね。

パンダと合流後、日下部は虎杖の処刑に賛成すると宣言。

今回の被害もあり、日下部のように虎杖の処刑に賛成する人が多くなるでしょう。

五条が封印されてしまったので虎杖の立場はかなり危ういです。

虎杖処刑の賛成派と反対派で揉める可能性もありますね。

内輪揉めしている時に呪詛師や呪霊と戦争になり負けるという猪野琢磨の不安が実現しそうになってきました。

虎杖たちと日下部&パンダの位置関係も整理しましよう。

右下の赤いピンが刺さっている場所が日下部たちがいるストリーム前で
青い点線の先にあるのが虎杖たちがいる宇田川交番です。

距離で800m、歩いて10分くらいです。

ポポロ

日下部さん獄門疆奪取に行きましょう、近いですよ!!

冥々はマーレシアに逃亡

偽夏油に殺されそうになった冥々は、憂憂の術式でマーレシアに逃亡したようです。

憂憂の術式がどういったものかは明かされていません。

日本とマレーシアの距離は、5134Kmです。

条件つきでワープできる術式だと予想しています。

単純に高速に移動したら時速5134Km以上の速さなので、呪術師といえども体が持たないでしょうから。

ポポロ

逃亡後、日本の通貨、株、東京の不動産を売ろうとしているあたりさすが冥々さん!!

冥々が「そっちは朝か」と言っているので電話している相手はおそらくアメリカの西海岸に居住している。

今週の冥々と憂憂の会話を見ていると血の繋がった姉弟なのか疑問に思えてきました。

年齢も10以上離れているだろうし、2人の関係には秘密があるかもしれません。

脹相は再び虎杖の捜索へ

脹相は渋谷駅地下3階の田園都市線のホームにいました。

「存在しない記憶」に苦しむ脹相ですが、虎杖が何者なのかを知るために立ち上がります。

おそらく脹相は虎杖を捜索するのでしょう。

もしかしたら脹相が味方になる展開もありますね。

しかし脹相も非術師を多く殺しているので呪術界には受け入れられるのは難しいでしょうが。

次週で呪術廻戦の二大謎が解明か!?

ついに呪術廻戦の二大謎が明かされるかもしれません。

呪術廻戦の謎
  1. 虎杖の出生。
  2. 偽夏油の正体

大鯰の呪霊で虎杖に攻撃した後の偽夏油の発言が下です。

我ながら流石と言うべきか
宿儺の器タフだね

呪術廻戦 133話 芥見下々 引用

これは偽夏油が宿儺の器である虎杖をつくったとも取れますね。

そして偽夏油の正体がマッドサイエンティストっぽい加茂憲倫だったら、ある意味虎杖と脹相って兄弟になります。

脹相の「存在しない記憶」もそこまで間違ってなかったりして。

「これからの世界」について話すと最後に言っているので次週で、偽夏油の目的はわかるでしょう。

ポポロ

来年が楽しみですね!!

134話の感想考察はこちらです。

現状整理

呪術高専

キャラ名現状
虎杖悠仁真人に勝利
東堂葵真人に手を切断され黒閃を受ける 重症
夜蛾&家入治療所で待機
冥々&憂憂憂憂の術式でマーレシアに逃亡
三輪、真依、加茂、西宮、家入東京行きの新幹線に乗車中
日下部篤哉&パンダ渋谷ストリーム前
狗巻棘不明
禪院真希漏瑚に焼かれたあとは詳細不明
禪院直毘人漏瑚に焼かれたあとは詳細不明

呪霊&呪詛師

キャラ名現状
真人虎杖に敗北  
偽夏油虎杖たちの前にあらわれる
脹相地下3階田園都市線ホーム 虎杖捜索へ?
夏油ファミリー秘書&目隠し不明
ラルゥ不明

退場者一覧(退場順に表記

キャラ名退場理由
花御五条に祓われる
蝗GUY虎杖に祓われる
五条悟獄門疆で封印される
伊地知重面春太に刺され重症
粟坂虎杖&伏黒と戦闘し敗北、捕縛される
猪野オガミ婆が降霊した禪院甚爾に敗北、重症
冥々に負けた呪詛師2人1人は捕縛され、もう1人は冥々に殺害される
新田重面春太に刺され重症
疱瘡神冥々に祓われる
陀艮七海、禪院直毘人、真希、甚爾、伏黒に祓われる
美々子と菜々子宿儺に殺害される
禪院甚爾自ら降霊術を解除する
オガミ婆の孫(偽)禪院甚爾が降霊術解除に伴い死亡
漏瑚宿儺に祓われる
伏黒恵重面春太に刺され重症
魔虚羅宿儺に敗れる
重面春太宿儺に殺害される
七海真人に殺害される
釘崎野薔薇無為転変を受ける
新田新釘崎を連れて家入のもとへ 戦線復帰の可能性もあり

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

感想・考察・疑問をお待ち申しております。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる