呪術廻戦 オガミ婆の術式や人物像を徹底解説!!

目次

オガミ婆の人物像

年齢87歳
所属呪詛師
術式降霊術
等級不明
登場巻11、12巻

オガミ婆は孫と粟坂と共に渋谷事変に参戦。

Cタワーの屋上で嘱託式の帳を守っていました。

帳を破壊しにきた猪野琢磨と戦闘。

禪院甚爾を降霊術で孫に降ろし、猪野琢磨に勝利します。

しかし孫の体が禪院甚爾に乗っ取られ、オガミ婆は殺害されました。

オガミ婆は粟坂と同じように呪詛師として活躍していましたが

五条が生まれたことにより呪詛師と自由に活動できなくなってしましました。

偽夏油に組みしたのも五条の封印をオガミ婆が望んでいるからでしょう。

若い男性が好きで男性アイドルグループのファンクラブに入っています。

孫は本物の孫でなく、幼い頃に攫ってきて、血縁を偽って育てました。

このような孫は何人かいるようです。

オガミ婆の術式 降霊術

オガミ婆の降霊術は死んだ人を、自分か他人に降霊できる術式です。

降ろせるのは肉体の情報と魂の情報。

体を乗っ取られるのを防ぐために、オガミ婆は肉体の情報しか降ろさないようにしています。

  • 詠唱する必要があり、その間無防備になる。
  • 降霊する人物の遺体の一部を飲み込む必要がある。
  • 天与呪縛も再現できる。

同時に何人も降霊できるかは不明です。

ポポロのアイコン画像ポポロ

遺体を収集できれば過去の強力な術師を降霊できるので可能性を秘めた術式ですね。

オガミ婆の戦績

対戦相手勝敗解説
猪野琢磨勝利禪院甚爾を降霊し勝利、しかし禪院甚爾に殺害されてしまう。

禪院甚爾を孫に降霊し猪野に圧勝しました。

肉体の情報しか降ろしていないのに、孫の体は禪院甚爾に乗っ取られオガミ婆は殺害されてしまいます。

禪院甚爾が体を乗っ取れたのは天与呪縛と関係があるのでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる