虎杖悠仁の天与呪縛説を考察してみる 【呪術廻戦 考察】

虎杖は身体能力が非常に高いです。

1話から虎杖の驚異的な身体能力は描かれていました。

砲丸投げで30mの記録や4階の窓ガラスを割って入ってきたりです。

 

同じく驚異的な身体能力を持つ禪院真希は「天与呪縛」によって得られたものとされています。

 

虎杖も天与呪縛によって驚異的な身体能力を得たのではないか

 

というのが本記事の考察内容です。

 

本記事の流れを書きます。

まず「天与呪縛とは」で天与呪縛についておさらいします。

 

次に「虎杖の天与呪縛の可能性」で虎杖の天与呪縛だと考えるられる理由をあげます。

 

最後に「虎杖が天与呪縛だったら」で虎杖が天与呪縛だったらなどうなるのかを書きます。

 

目次

天与呪縛とは

天与呪縛とは

自らが自らに科す通常の縛りとは違う生まれながら肉体に強制された縛りのことだ

呪術廻戦 芥見下々 38話引用

 

七海が使っている縛りは自分でやっているものです。

禪院真希やメカ丸は生まれ持った縛りがあり、その代償として大きな力を持っています。

伏黒恵の父も天与呪縛で、呪力がないかわりに身体能力が高いです。

 

メカ丸が広大な術式範囲を持ち、呪力出力が強大なのは天与呪縛によって、肉体の不自由と引き換えに得たものです。

真希の驚異的な身体能力は天与呪縛で得られたもの

真希も驚異的な身体能力を持っています。

 

近距離で撃たれた銃の弾を素手でキャッチすることができます。

 

 

妹の真依が真希の身体能力について語ります。

 

メカ丸と同じある意味逆の「天与呪縛」

本来術式を持って生まれてくるはずだったアンタは

術式と引き換えに人間離れした身体能力を

与えられた

呪術廻戦 芥見下々 42話 引用

 

真希は、禪院家という呪術界の名門の家系なので術式を持って生まれてくるはずなのに、術式を持って生まれなかった。

そのかわりに人間離れした身体能力を持って生まれたということですね。

 

虎杖が天与呪縛である可能性を検討してみる

伏黒の発言

1話で虎杖の砲丸投げを見た伏黒の発言がこれです。

 

凄いなアイツ 呪力なし 素の力で アレか

禪院先輩と同じタイプかな

呪術廻戦 芥見下々 1話 引用

 

この同じタイプというのが天与呪縛のことを言っているのかもしれません。

 

伏黒は、禪院家の分家出身なので禪院姉妹と高専に入る前からつきあいがあります。

なので伏黒は、真希が天与呪縛なのを知っていてもおかしくありません。

 

真希を凌ぐ身体能力

61話で虎杖が呪胎九相図に黒閃をきめるときの説明にこうあります。

 

禪院真希を凌ぐ 身体能力 格闘センス

呪術廻戦61話 引用

 

この説明から「天与呪縛」の真希よりも虎杖のほうが身体能力が上だとわかります。

 

 

天与呪縛の真希よりも身体能力が上なのには何かしらの理由があるはずです。

 

宿儺の器になる前から虎杖の身体能力は高いので、宿儺が理由とは考えにくいです。

 

 

真希と同じく虎杖は呪力も術式もありません。

 

虎杖も天与呪縛と考えるのが自然でしょう。

 

虎杖の身体能力が天与呪縛で得たのなら

虎杖も名家出身の可能性が出てくる

ただ術式と呪力がないから天与呪縛が得られるわけではありません。

 

「本来術式持って生まれるはずだった」というのが前提にあるのです。

 

真希の場合は、禪院家という呪術界の名門の家系なので術式を持って生まれるのは当たり前なのです。

 

虎杖も天与呪縛なら、虎杖も術式を持って生まれるはずだったということです

 

ということは虎杖も術師の家系の出身ということです。

 

もしかしたら御三家出身なのかもしれません。

 

虎杖の両親について全く情報がないのもあやしいですね。

 

虎杖には宿儺の術式が刻まれる予定

宿儺の器である虎杖には宿儺の術式が刻まれるようです。

 

天与呪縛によって得られた驚異的な身体能力に宿儺の術式がくわわるのです。

 

もちろん領域展開もできるようになるのでしょう。

 

宿儺の術式が加われば、虎杖が特級術師になるのも見えてきますね。

 

まとめ

虎杖が驚異的な身体能力を持っている理由はいつか明らかになるでしょう。

天与呪縛はその候補の一つです。

 

あとは虎杖の両親に何か原因があるのかもしれません。

 



この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメント一覧 (6件)

  • 「本来術式持って生まれるはずだった」というのが前提にあるのです。
    いや、そんな前提ないよね?勝手に設定変えちゃいかんでしょ。

    先天的な縛り、言ってしまえば「本来持ってる筈のものが生まれた時から失くしている状態」
    それが天与呪縛です、呪力や術式は一切関係ありません。

    つまり虎杖が天与呪縛だったとしても術士の家系とは限らないわけです。
    そして術士の家系じゃないのなら呪力、術式を持ってないのはおかしくもないですし、そうなると天与呪縛で縛られているものは別のなにかということになります。

    それにしてもメカ丸という四肢の欠損による天与呪縛が作中に存在しているのにこんな雑な考察するとはいかがなものか。

    • コメントありがとうございます。

      「本来術式持って生まれるはずだった」というのが前提にあるのです。
      いや、そんな前提ないよね?勝手に設定変えちゃいかんでしょ。

      先天的な縛り、言ってしまえば「本来持ってる筈のものが生まれた時から失くしている状態」
      それが天与呪縛です、呪力や術式は一切関係ありません。

      上記のことに答えます。
      記事でも引用しましたが、もう一度書きます。

      本来術式を持って生まれるはずだったアンタは術式と引き換えに人間離れした身体能力を与えられた  呪術廻戦42話引用

      上の引用文を読んでもらえば天与呪縛と術式は関係あると思いますが、どうでしょうか。

  • 確かに禅院真希は天与呪縛で術式と引き換えに人間離れした身体能力を与えられていますが、作中で術式と引き換えが確定しているのは真希のみです。

    禪院甚爾も天与呪縛ではありますが、彼の身体能力が術式と引き換えにした描写がない以上呪力と引き換えに得たと考えるのが無難です(真希と違って完全に呪力0なので)

    後はメカ丸ですね。
    メカ丸の場合は呪力も術式も関係なく、四肢の欠損、感覚消失と引き換えになっています。

    以上のことから、禅院真希の天与呪縛は術式と関係ありますが、天与呪縛自体が術式と関係あるとは言えないと思います。

    • 匿名さん返信ありがとうございます。

      虎杖も真希と同じように天与呪縛で術式のかわりに驚異的な身体能力を得たのでは、と予想しているだけで
      すべての天与呪縛が術式を代償にしているとは書いておりませんが。

      天与呪縛とはの章でも以下のように書いております。
      伏黒恵の父も天与呪縛で、呪力がないかわりに身体能力が高いです。
      メカ丸が広大な術式範囲を持ち、呪力出力が強大なのは天与呪縛によって、肉体の不自由と引き換えに得たものです。

  • ああ…なるほど
    どうやらこちらの読解力不足だったようですね
    天与呪縛が与えられるのが術士だけなのならば「本来術式持って生まれるはずだった」というのが前提にあるのは間違いじゃなさそうです

    なんか申し訳ありませんでした

    • 匿名さんコメントありがとうございます。
      僕の文章力の無さが原因です。
      匿名さんがあやまることはないです。
      今回のコメントのやりとりでいくつかの考察の種ができたので感謝ているくらいです。

コメントする

目次
閉じる