呪術廻戦83話 ネタバレ 感想 考察

呪術廻戦83話 ネタバレ 感想 考察です。

 

前回はこちらです⬇︎

呪術廻戦 82話 ネタバレ 簡易領域の解説あり 感想 考察

 

目次

呪術廻戦 83話 ネタバレ

五条封印計画始動!!

2018年10月31日19時、渋谷駅の東急百貨店を中心に半径400mの帳が降ろされました!!

 

帳は一般人を閉じ込めるために張られたようです。

一般人は帳の中に入れるけれど出ることはできない。

術師は出入り自由。

電波は断たれています。

 

閉じ込められた一般人は「五条悟を呼んでくれ」と訴えています。

一般人を人質にして五条を呼び込んでいるのですね。

 

帳についてはこちらの記事の「帳」の項目で詳しく解説しています。

 

4つの班と五条悟が派遣される!!

高度な帳に五条悟の名前が出たことによって、交流会に乱入したのと同じ犯人だと高専側は気がつきます。

 

そして4つの班と五条悟が派遣されました。

七海班、禪院班、日下部班、冥冥班の4つです。

 

五条が単独で帳の中に侵入し、4つの班は帳の外で待機することになりました。

 

  • 五条が祓いそこなった呪霊を4つの班が帳の外で待機し祓うということ。
  • 一般人ではなく術師の被害を少なくするために考えられた作戦。
  • 五条を1人でいかせたのは上層部の内通者の影響かも。

 

ポポロのアイコン画像ポポロ
結果的に五条1人を誘い込むことができたので、夏油たちの考え通りになってしまいましたね。

4つの班の構成

4つの班の構成を書きます。

見てもらえばわかりますが、憂憂以外は全員1級術師相当の実力を持っています。

相手が特級呪霊だとわかっているので、2級以下は招集していないのですね。

 

七海班のメンバーは明治通り渋谷一丁目に派遣。

七海建人 1級術師
猪野琢真 2級術師(昇級査定中)
伏黒恵 2級術師(昇級査定中)

 

禪院班は渋谷マークシティレストランアベニュー入口(帳外)で待機

禪院直毘人 特別1級術師
禪院真希 4級術師(昇級査定中)
釘崎野薔薇 3級術師(昇級査定中)

 

日下部班はJR渋谷駅新南口(帳外)で待機

日下部篤也 1級術師 呪術高専東京校2年担任
パンダ 昇級査定保留中

 

冥冥班 青山霊園

冥冥 1級術師
憂憂(ういうい) 冥冥の弟
虎杖悠仁 1級査定保留中

 

ついに高専の2年生の担任の先生が登場しました!!

あとは3年生の担任が出てもおかしくないですね。

➡︎呪術廻戦 考察 未登場人物 伏線 謎 まとめ

 

ポポロのアイコン画像ポポロ
真希は父と一緒にいるのが嫌なのでしょう、不機嫌な顔をしています。

禪院直毘人の特別1級術師というのは何か気になりますね。

普通のルートで1級になったのではなく、御三家絡みでなったのでしょうか。

➡︎呪術廻戦 禪院家 まとめ

➡︎呪術廻戦 登場人物 キャラ  まとめ

冥冥班は明治神宮駅前へ

明治神宮前駅に同じ効果を持つ帳が降りたので冥冥班が向かうことになります。

 

以下の地図を見てもらうと状況を整理できると思います。

真ん中にある赤いピンが刺してあるのが青山霊園です。

*右下にあるマイナスのボタンを一回クリックすると見やすくなります。

青山霊園から西にある原宿駅あたりが、虎杖たちむかっている明治神宮前駅になります。

青山霊園から明治神宮前駅まで徒歩20分くらいなので、走ったら10分くらいですかね。

原宿駅の南に行くと渋谷駅がありますね。

 

他の班は渋谷駅の周りにいます。

 

 

また渋谷駅では交差点にいた人間が駅の中に吸い込まれたようです。

ポポロのアイコン画像ポポロ
これは夏油の作戦っぽいですね。今後駅の中に人間を吸い込んだ理由がわかるかもしれません。

 

五条VS花御、漏瑚、脹相

帳の中に入った五条は呪霊側の狙いに気がつきながらも地下に進んでいきます。

 

そして東京メトロ地下5階 副都心線ホームにつくと

そこには漏瑚、花御、脹相が待っていました。

 

来週は五条VS漏瑚、花御、脹相がはじまるようです。

呪術廻戦 83話 考察 解説

今回のポイントは3つです。

 

  1. 今後出そうな人物の整理
  2. 明治神宮で帳が降りたのはなぜか
  3. 冥冥班の動向に注目。

 

順番に見ていきましょう。

今後出てきそうな人物の整理

今週出ていない人物の整理をしましょう。

 

高専側

夜蛾学長:高専と天元様を守るために高専にいる??

狗巻棘:別の任務か、高専の守り??

秤:停学中ですが非常事態なので登場もありえます。五条に期待されているくらいなので1級相当の実力を持っているでしょう。

高専3年生担任:今週で2年生の担任が出たので3年生の担任もいるでしょう。

乙骨憂太:今はミゲルとともに海外にいるので可能性は低いです。登場したら一番盛り上がりますね。

 

呪霊側

夏油

真人

海の呪霊

夏油以外の呪詛師 オカッパ坊主、剣を使い髪を括った男

海の呪霊以外は全員出てくる可能性が高いです。

渋谷駅に隠れているか、明治神宮にいるかでしょう。

 

明治神宮で帳が降りたのはなぜか

夏油たちの目的は五条の封印です。

五条単独で地下に誘い込むことに成功したのに、明治神宮でも帳を降ろしているのはなぜでしょうか。

 

  • 虎杖を誘い込み、人質にするまたは両面宿儺を刺激し混乱させる。
  • 獄門疆の発動条件に関わる何かがある

 

考えられるのはこれくらいでしょうか。

53話で夏油が両面宿儺を刺激するのは五条を封印するときと言っているので、虎杖を誘い込むのためというのが本命でしょうか。

 

冥冥班の動向がポイント。

冥冥班の気になることは

  1. 青山霊園になぜいたのか。
  2. 一級相当の術師が集まる中、幼い弟を連れてきたのはなぜか
  3. 行き先が渋谷から明治神宮に変更になった。

 

まず、53話で夏油は虎杖(両面宿儺)を刺激するのは五条を封印するときにしたいと言っています。

両面宿儺を刺激し混乱させることで、自分達に有利な状況をつくるわけです。

 

呪術界の上層部には内通者がいることが歌姫の調査によりほぼ確定です。

その内通者が、五条を単独で行かせたり班の配置に影響を持っている可能性が高いです。

 

冥冥の弟憂憂がどんな術式を持っているのかが注目すべきところですね。

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる