呪術廻戦107話ネタバレ 直毘人強えー  感想 考察

呪術廻戦107話ネタバレ 感想 考察です。

 

➡︎呪術廻戦 106話 ネタバレ 感想 考察

➡︎呪術廻戦 ネタバレ 一覧

 

目次

呪術廻戦 107話 ネタバレ 感想 考察

海の呪霊 陀艮(だこん)

海の呪霊の名前が明らかになりました、陀艮ダコンです。

 

陀艮について今週で明らかになったことをまとめると

陀艮 まとめ

  • 大量の水を扱える。
  • 水の防壁で防御可能。
  • 滞空ができる。
  • HPが非常に高い。七海が攻撃しても手応えを感じないくらい。
  • 領域展開ができる。

 

陀艮は海の呪霊(未確定)らしく水を使って戦います。

 

七海の十劃呪法による攻撃でも手応え感じません。

防御力が高くて効かないのではなく、HPが高すぎて削りきれないということです。

 

花御もタフでしたが、陀艮は花御以上にタフなのかもしれません。

 

ポポロのアイコン画像ポポロ

陀艮の見た目はクトゥルフをモデルにしたのでしょう。
見た目がそっくりです。

 

技を出す前に倒す

陀艮にはまだ出してない技がありそうです。

 

なので直毘人たちは陀艮が技を出す前に攻撃して、陀艮に攻撃させないようにします。

 

直毘人、真希、七海の3人で一斉に攻撃したら陀艮は守ることしかできません。

 

特に直毘人は素早い動きで陀艮を追い詰めます。

 

ポポロのアイコン画像ポポロ
直毘人さん大活躍です。こんなに強いんなら一般人も救って欲しかった。

 

 

https://poporo3.com/zenninn/

 

陀艮の領域展開発動!!

追い詰められた陀艮は領域展開を発動!!

 

直毘人は陀艮の領域に入れられてしまう。

 

2巻の最終話に出た領域と同じで南国の海岸をイメージしたものでしょう。

 

問題はどんな術式が付与されているか。

 

あと気になるのは陀艮の姿が見えないこと。

もし陀艮が海中にいたら直毘人が攻撃しにくいので厳しい戦いになるでしょう。

 

直毘人も領域展開をできるのかどうかもポイントですね。

 

https://poporo3.com/ryouikitenkai/

 

直毘人の術式を考察

禪院直毘人が予想以上に活躍していてビックリしました。

良い意味で特別1級術師だったんですね。

 

直毘人の術式ですがフレーム(静止画)に関するものだと予想しています。

術式を使っていると考えられるのは2つです。

  1. 陀艮を二次元空間に閉じ込める
  2. 素早い移動

 

二次元空間に閉じ込めるの技の発動条件は、標的に手のひらで触ることでしょうか。

閉じ込める→大技を使うの流れが強そうです。

 

素早い移動も術式の効果でしょう。

先週七海もそう言っていましたし。

二次元空間に閉じ込めるのが術式の効果を相手に使ったもので
素早い移動は術式の効果を自分に使ったものでしょう。

 

ポポロのアイコン画像ポポロ
おそらく禪院家相伝の術式だと思いますが、十種影法術とは全然違うタイプの術式ですね

 

https://poporo3.com/jyujyutukaisen-husiguromegumi/

 

呪術廻戦 107話 まとめ

海の呪霊の名前は陀艮。

扱える水の量とHPの高さが陀艮の強み。

直毘人、真希、七海の3人で一斉攻撃で陀艮を追い詰める。

追い詰められた陀艮は領域展開を発動、直毘人を領域内に入れる。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる