MENU

呪術廻戦 家入硝子 まとめ

2020 1/09
呪術廻戦 家入硝子 まとめ

呪術廻戦の家入硝子のまとめです。

 

目次

家入硝子とは

呪術廻戦 芥見下々 1巻引用

 

家入硝子は呪術高専の医師です。

反転術式で他者を治療できる数少ない人物で重宝されています。

五条、夏油と同期。

 

年齢 28歳
所属 東京都立呪術高等専門学校 医師
等級 不明
術式 不明
領域展開 不明
反転術式 他者の治療も可能。
術式反転 不明。
黒閃 不明
備考 医師免許持ち 酒好き 甘いもの苦手 禁煙5年目

 

家入の仕事は主に2つ。

  1. 反転術式を伴う治療行為。
  2. 死体を解剖し呪法を解明する。

 

①反転術式を伴う治療行為。

花御によって重症を負わされた加茂、伏黒、禪院真希も家入が治療しました。

治療を受けた者たちは二日後に野球をできるくらいに回復しています。

 

*反転術式とは呪力に呪力を掛け合わせることで、マイナスのエネルギーである呪力をプラスのエネルギーに変換することです。そのプラスのエネルギーで治療ができます。

 

あわせて読みたい
呪術廻戦 用語 設定 まとめ
呪術廻戦 用語 設定 まとめ呪術廻戦の用語、設定についてまとめていきます。 目次をクリックして頂くと読みたいところへ飛びますのでご利用ください。【呪い関連】呪いとは呪いとは、ほとん...

 

②死体を解剖し呪法を解明しようとする。

虎杖の体を解剖しようとしたのは、虎杖が両面宿儺の毒になぜ耐えられるのかを調べるためでした。

 

真人によって改造された人間の解剖も家入がやっています。

 

 

家入の術式を予想

ここでは家入の術式を66話の扉絵から予想していきます。

 

呪術廻戦 芥見下々 66話 引用

 

各キャラの背景には術式のイメージが描かれていると考えています。

 

五条の背景は無限をイメージしたもの、無量空処の時に描かれていましたね。

夏油の背景は呪霊操術で操っていた虹龍ですね。

 

家入はの背景は花です。

花で考えられるのは、花粉、毒とかでしょうか。

 

花御の術式と似てくるかもしれませんね。

 

家入が手に持っているペンらしきもの。

これも術式のヒントかもしれません。

 

追記

硝子の左側は蕾、硝子の右側は花が咲いています。

これは治療する硝子を表現しているのはというコメントをいただきました。

 

 

ポポロのアイコン画像ポポロ
この花の名前がわかる人教えてください。

 

あわせて読みたい
呪術廻戦 術式 一覧 まとめ
呪術廻戦 術式 一覧 まとめ術式についてまとめてみました。【術式とは】 術式とは呪力をアウトプットするときの型のようなものです。 芥見先生は呪力を電気、術式を家電に例えて説明し...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 硝子の後ろの花は桜のような気がします。絵の左が蕾、そして硝子を挟んだ右側が花弁、硝子を通すことで咲く、というのは治療をする硝子を表していると考えれば納得の流れです。手に持っているのはメスだと思われるので、そもそも医療志望なのかなと。

  • あいさんコメントありがとうございます。

    確かに桜に似ていますね。
    硝子を通すことで花が咲くというのを表現しているかもしれません。
    そこまで読みとることができませんでした。

    硝子が持っているのはメスと考える方が納得できますね。

    記事に反映させていただきます。

コメントする

目次
閉じる