呪術廻戦 楽巌寺嘉伸の術式と人物像を徹底解説

目次

楽巌寺の人物像

年齢 76歳
所属呪術高専京都校学長
等級不明
術式奏でた旋律を増幅し呪力として打ち出す術式 (名称不明)
登場巻3、4、5、6、7、8
備考欄呪術界の保守派筆頭

楽巌寺は呪術高専京都校の学長。

呪術界の保守派筆頭で五条とは考え方が合いません。

楽巌寺は虎杖は呪術規定により処刑すべきという考えで、虎杖を守ろうとする五条とは対立しています。

少年院に顕現した特級呪霊に1年生虎杖伏黒釘崎が派遣されたのは虎杖を始末するためで、この事に楽巌寺が関係していると五条は考えています。

楽巌寺は交流会で京都校の生徒に虎杖暗殺を指示しました。

呪術規定によれば虎杖は処刑の対象であり、楽巌寺の考えの方が正しいのかもしれません。

楽巌寺の術式

奏でた旋律を増幅し呪力として撃ち出す術式です。

ギターで奏でた旋律を増幅して呪力として撃ち出しています。

  • 楽巌寺がアンプの役割をしている。
  • 中距離タイプの術式。

楽巌寺の戦績

対戦相手勝敗解説
組屋鞣造五条が組屋の両腕、両足を破壊した。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる