呪術廻戦130話 ネタバレ 感想 考察

目次

呪術廻戦130話 ネタバレ

呪術廻戦130話 あらすじ
  1. 真人が0.2秒の領域展開発動、東堂は被害を抑えるために自ら手を切断する。
  2. 宿儺は沈黙。
  3. 真人は東堂に黒閃をきめ、無為転変で止めを刺そうとするが不義遊戯で回避され、逆に虎杖に黒閃をうける。
  4. 魂の本質を掴んだ真人は姿を変える。

今週は情報量がいつも以上に多いので整理していきましょう。

ポポロのアイコン画像ポポロ

とりあえず、東堂が死ななかったので安心しました。

東堂も簡易領域を使えた

東堂は九十九直伝の簡易領域を展開。

やはり領域展開の対策技を持っていました。

メカ丸が渋谷事変で生き残れると確信していたので、対策技があるのは予想できました。

九十九直伝というのがポイントですね。

回想で東堂と九十九に繋がりがあるのは開示されていました。

簡易領域を教えているくらいなので呪術の基本は九十九から学んだのかもしれません。

また九十九も簡易領域を使えると考えていいでしょう。

宿儺は沈黙

真人の領域展開に対して宿儺は何もしませんでした。

機嫌がよかったのか、0.2秒だからよかったのかは不明です。

真人が宿儺に言った、「虎杖の間に保険を作っているんだろう」というのは契闊のことですね。

真人の発言からすると契闊は虎杖がピンチになったときに唱えて、肉体の主導権を奪い危機を回避するのが狙いの可能性が出てきました。

今の宿儺なら1分の間に反転術式による自己治療&安全地帯に逃げるのは容易でしょう。

ポポロのアイコン画像ポポロ

契闊にはそれ以外にも目的がありそうです。

真人の手を叩くことで不義遊戯を発動!!

真人は、0.2秒の領域展開という限られた状況では東堂を殺せないので、術式を封じるために手を狙ったのでしょう。

しかし東堂は真人の考えの一つを上をいきました。

まず自ら手を切断することで無為転変の被害を抑えます。

魂の本質を掴んだ真人

127話でもう一度黒閃をきめたら魂の本質を掴めると言っていましたが

東堂に黒閃をきめたことで魂の本質を掴んだようです。

遍殺即霊体(へんせつそくれいたい)で自身の体を変えています。

その他

東堂のネックレスの中身は虎杖と高田ちゃんの写真。

領域展開をした直後は一時的に術式が使えなくなる。

呪術廻戦130話 考察

遍殺即霊体はどんな技??

真人はついに自分の魂の本質を掴み遍殺即霊体で自身の体を変えました。

漢字の意味から推測すると

体のどの部位で触れても無為転変が使える。

遍の意味が「もれなくゆきわたる」なのでこう予測しましたが、これだと虎杖には逆効果になりそうですね。

無為転変を使うと宿儺が激怒するので。

無為転変も強化されており宿儺の反撃を受ける前に即殺すのかもしれません。

霊体という部分に注目すると

実体がなくなる。

ワンピースのロギア系と似た状態になるということです。

ポポロのアイコン画像ポポロ

単純に運動能力が上がるだけではないと思うんですが…

真人戦の結果予想

真人が魂の本質を掴み変態したことで、そろそろ退場かなと思います。

今回の変態が最終形態と言ってもよさそうなだからです。

真人は敵役として魅力的ですが、もう出し尽くしたのでは。

となると

偽夏油に取り込まれるか、虎杖に祓われるの2択ですね。

虎杖が祓うパターンを考えると

遍殺即霊体に対して虎杖側もパワーアップが必要

なので宿儺の術式が使えるようになるという展開があるかもしれません。

ポポロのアイコン画像ポポロ

虎杖が宿儺の術式を使えるようになるのはいつでしょうか。

現状整理

最後に渋谷事変の現状を整理しましょう。

呪術高専

キャラ名現状
虎杖悠仁真人と戦闘中 HP1割
東堂葵真人に手を切断され黒閃を受ける 重症
夜蛾&家入治療所で待機
冥々&憂憂偽夏油と戦闘中?
三輪、真依、加茂、西宮、家入東京行きの新幹線に乗車中
日下部篤哉&パンダ不明
狗巻棘不明

呪霊&呪詛師

キャラ名現状
真人虎杖と交戦中 魂の本質を掴んだ  
偽夏油冥々&憂憂と戦闘中?
脹相不明
夏油ファミリー秘書&目隠し不明
ラルゥ不明

退場者一覧(退場順に表記

キャラ名退場理由
花御五条に祓われる
蝗GUY虎杖に祓われる
五条悟獄門疆で封印される
伊地知重面春太に刺され重症
粟坂虎杖&伏黒と戦闘し敗北、捕縛される
猪野オガミ婆が降霊した禪院甚爾に敗北、重症
冥々に負けた呪詛師2人1人は捕縛され、もう1人は冥々に殺害される
新田重面春太に刺され重症
疱瘡神冥々に祓われる
陀艮七海、禪院直毘人、真希、甚爾、伏黒に祓われる
禪院真希漏瑚に焼かれる、生死不明
禪院直毘人漏瑚に焼かれる、生死不明
美々子と菜々子宿儺に殺害される
禪院甚爾自ら降霊術を解除する
オガミ婆の孫(偽)禪院甚爾が降霊術解除に伴い死亡
漏瑚宿儺に祓われる
伏黒恵重面春太に刺され重症
魔虚羅宿儺に敗れる
重面春太宿儺に殺害される
七海真人に殺害される
釘崎野薔薇無為転変を受ける
新田新釘崎を連れて家入のもとへ 戦線復帰の可能性もあり

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる