呪術廻戦 ネタバレ

呪術廻戦73話 ネタバレ 感想 考察

五条悟過去編も終わりに近くなってきましたね。

 

伏黒恵の父に五条も敗れ、適合者である天内も銃撃されてしまいます。

 

夏油と伏黒恵の父との戦いはどうなるのでしょうか。

 

呪術廻戦73話 ネタバレ 感想 考察

伏黒父の侵入方法が判明!!

伏黒父が長々と侵入方法を語ります。

 

  • 蠅頭(ようとう)を高専に放ち、混乱させる。
  • 呪力のない伏黒は透明人間みたいなもの、術師に感知されない。
  • 呪具は呪霊に格納。さらに呪霊に呪霊自身の体を格納させ小さくなった呪霊を伏黒が飲み込む。
  • 呪霊も伏黒が飲み込めば呪力を感知されなくなる。
  • これで呪具を持ち込みながら結界を出入りできる。
  • 五条への最初の一撃は呪具を使わなかった。それは六眼相手に呪具を使った奇襲はできないから。
  • 天与呪縛によって五感も上昇しており、足跡、臭いで夏油たちを追ってきた。

 

伏黒父が長々と説明したのは、情報の開示により能力の底上げを目指すためです。

 

伏黒父のような肉体の強さでゴリ押しするタイプは情報を開示するデメリットが少ないのがいいですね。

情報開示によるデメリットが大きいほど、能力が底上げされるという設定があるかもしれmせんね。

 

七海も真人相手に情報の開示をし能力の底上げをしてました。

 

当然黒井もやられているようです。

 

ポポロ
ポポロ
天与呪縛の伏黒父は呪霊を見れないはずなんですが…。呪力のこもったコンタクトをしているのかな。そうなると感知されますよね。

 

呪力がなくても見える呪霊もいるっていうことでしょうかね。

呪霊も呪力のない伏黒父の言うことを聞いているあたり何か理由がありそう。

ただ飼いならされているというだけではないでしょう。

 

呪霊操術の情報公開

ついに呪霊操術の詳細がわかりました!!

呪霊操術呪術廻戦 芥見下々 73話 引用

 

  • 呪霊操術は降伏した呪霊を取り込み自在に操ることができる。
  • 階級換算で2級以上の差があると降伏を省いて取り込むことができる。

 

この時の夏油は1級と特級の間くらいの実力ということが図で判明。

 

夏油対伏黒父 開始!!

夏油は虹龍(こうりゅう)で攻撃。

 

しかし、虹龍は伏黒父に切り裂かれてしまう。

虹龍呪術廻戦 芥見下々 73話 引用

 

 

夏油の手持ちの呪霊で最高の硬度を誇る虹龍がやられたことにより戦法を変えます。

 

仮想怨霊を出します。

この仮想怨霊は質問に答えるまでお互いに不可侵を強制する簡易領域を発動。

呪術廻戦 芥見下々 73話 引用

 

仮想怨霊「私きれい?」

 

伏黒父「趣味じゃない」

 

伏黒が質問に答えたことで簡易領域が解除。

 

仮想怨霊が伏黒父に攻撃。

 

仮想怨霊の攻撃を天逆鉾で強制解除し、仮想怨霊の攻撃を防ぐ。

 

その隙に背後を取った夏油が、呪霊操術で伏黒父が従えている呪霊を取り込もうとする。

 

夏油の作戦は、伏黒の呪霊を取り込むことによって新たな武器を出せない状況にしたうえで物量作戦で倒すというものです。

 

 

夏油も敗れる!!

 

天逆鉾の術式の強制解除により呪霊操術を解除させ、夏油が呪霊を取り込むのを阻止し

伏黒父は呪霊から刀を取り出し、夏油と夏油が召喚した仮想怨霊を切り刻む。

 

夏油が倒れる。

 

夏油を殺すことによって取り込んでいた呪霊が解放される可能性を考慮し、死なない程度に切ったようです。

 

 

ポポロ
ポポロ
とにかく天逆鉾がつよいですね。そして伏黒父は冷静。

 

呪術廻戦 呪具 まとめ

 

息子を恵と名付けた理由が判明しました。

優れた術式(十種影法術)を受け継いだから恵と名付けたようです。

 

伏黒父に敗れたものたち

 

夏油、天内、黒井、五条が倒れているシーンが描かれます。

 

五条の手が「ピクッ」と動く。

 

73話 終了。

 

 

五条過去編で回収されそうな伏線 明らかになりそうなこと

  • 夏油が非呪術師を憎むようになった理由
  • 五条の発言「若人から青春を取り上げるなんて許されていないんだよ」 0巻2話と11話
  • 五条が持つ六眼について
  • 歌姫の顔の傷

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。