呪術廻戦 日下部篤也(くさかべあつや)の術式や人物像を徹底解説

目次

日下部篤也の人物像

所属呪術高専東京校2年担任
等級1級
術式不明
黒閃不明
登場巻10巻、11巻
備考欄簡易領域の使い手、術式なしで1級呪術師になった

日下部は呪術高専東京校2年担任。

渋谷事変ではパンダと共に行動しています。

特級呪霊の相手をしたくないという理由で五条の奪還を目指さず、地上で時間を潰すというクズっぷりを披露しました。

果敢に特級呪霊に向かっていく術師が多いなか珍しい存在です。

術式なしで1級になれたと冥々が言っているので、日下部は術式がない可能性が高いです。

また三輪と同じくシン陰流の使い手。

簡易領域を使った場面は描写されていませんが、日下部も使えるでしょう。

なので特級呪霊の多くが使う領域展開に対抗できる貴重な術師です。

日下部の名言&他者評価

渋谷事変で夏油ファミリーに遭遇し、このモノローグです。

うますぎる 時間いっぱい適当にいなして 特級呪霊の相手はせずに のらりくらりといこう

呪術廻戦 芥見下々 114話

このときのゲス顔が日下部の性格が出ていますね。

日下部篤也の術式はない??

日下部は術式なしで1級術師になったと冥々が言っているので、日下部は術式がないの可能性が高いです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる