呪術廻戦 裏梅(うらうめ) 人物像や術式を徹底解説!! 

偽夏油の側近として活動してきた裏梅。

登場回が少ないため情報量が少ないですが、重要な人物であることは間違いありません。

そんな裏梅についてまとめていきます。

 

目次

裏梅の人物像

所属不明
年齢不明
等級不明
術式氷凝呪法
反転術式自己治療可
領域展開不明

裏梅は宿儺の側近?

初登場時の情報は、「袈裟を着ている性別不明の白髪のガキ」だけです。

116話にて裏梅という名前と宿儺と知り合いということがわかりました。

そのときの話を見るに、裏梅は宿儺の信奉者の1人で宿儺復活を望んでいるようです。

偽夏油とは宿儺復活のために協力している? 

偽夏油にとって宿儺復活は五条の封印が失敗したときの代案でしかなく、宿儺の信奉者である裏梅とは考えが違うようです。

なので偽夏油とは宿儺復活までの協力関係だと考えられます。

裏梅の術式 氷凝呪法

裏梅の術式は、氷凝呪法です。

氷凝呪法は対象物を凍らせる術式です。

一度に、5人を凍らせたことから範囲、威力ともに優れた術式なのかわかります。

霜凪(しもなぎ)

呪術廻戦 裏梅 氷凝呪法 霜凪
呪術廻戦 芥見下々 135話 引用

フッと息をかけることで対象物を凍らせる。

見た目とは違い、5人を同時に凍らせる威力抜群の技。

直瀑(ちょくばく)

裏梅 氷凝呪法 直瀑
呪術廻戦 芥見下々 135話 引用

対象物を凍らせたうえに、巨大な氷塊をぶつける技。

裏梅 考察

裏梅は獄門疆に封印されていた?

裏梅の最大の謎は宿儺と知り合いであることです。

宿儺が生きていたのは千年以上前であり、裏梅と宿儺が知り合いなのは辻褄が合いません。

考えられるのは

  1. 獄門疆に封印されていた。
  2. コールドスリープをしていた。

今のところ物理的な時間が流れていない獄門疆に封印されていたと考えるのが1番納得できます。

千年前に獄門疆に封印される→偽夏油に封印解除される→宿儺復活まで偽夏油に協力するということです。

この説の問題点は、封印解除をどうするかということです。

宿儺復活のタイミングに獄門疆の封印解除をしないといけないのです。

外部の人間、それも宿儺復活まで長い年月を生きれる人間でないといけません。

その条件だと、天元と偽夏油しかいませんね。

裏梅が獄門疆に封印されていたとしたら、裏梅と偽夏油は1000年以上前から協力関係だった可能性が出てくるのです。

裏梅の術式が氷であることからコールドスリープ説も考えられます。

メカ丸が術式の発動条件を五条封印時にしたように、裏梅の術式の解除を両面宿儺が受肉時にできればコールドスリープを実現できます。

裏梅は五条家出身??

梅は菅原道真と関係が深くあります。

菅原道真は五条の先祖であり、裏梅が五条と同じく白髪なので
裏梅も五条家出身なのではと噂もあります。

 

詳細不明。

今後分かり次第まとめていきます

呪術廻戦 裏梅

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

感想・考察・疑問をお待ち申しております。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる