呪術廻戦 黒井美里の人物像を解説!!

目次

黒井美里の人物像

黒井美里
呪術廻戦 芥見下々 67話 引用
年齢31歳
所属不明
術式不明
備考欄学生とみられるほど若い、マリカーが得意

黒井美里とは

黒井美里は、天元の適合者である天内理子の世話係です。

呪霊を見えているのと、呪詛師(分身)と戦えていることから呪術師だと思われます。

しかし術式は不明です。

黒井家は代々星漿体に仕えている

黒井家は代々星漿体に仕えています。

美里は星漿体に仕えるのが嫌で短大に行きました。

そのまま一般職に就くはずでしたが、理子に惹かれて世話係になります。

天内とは家族同様の関係

天内理子は4歳のときに交通事故でなくしており、家族がいません。

そのためか黒井と天内は、使用人と世話係というよりは家族のような関係を築いています。

生死不明

天内、夏油と別れたあとに禪院甚爾に襲われています。

禪院甚爾は「多分死んでいる、運がよかったら生きている」と言っており

その後、黒井の情報はないため生死不明です。

黒井美里の戦績

戦闘相手勝敗解説
コークン敗北危うく天内を殺害されそうになる
紙袋被った呪詛師(分身)勝利体術で勝利
禪院甚爾敗北不意打ちをうける
禪院甚爾敗北生死不明

黒井美里と関係のあるキャラクター

天内理子:黒井が仕えた星漿体。

五条悟夏油傑:天内護衛に着いた2人。

禪院甚爾:天内を暗殺した。

黒井美里

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

感想・考察・疑問をお待ち申しております。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる