呪術廻戦 97話 ネタバレ 感想 最新話考察

呪術廻戦 97話 ネタバレ 感想 考察です。

 

➡︎呪術廻戦 96話 ネタバレ 感想 最新話考察

➡︎呪術廻戦 ネタバレ 一覧

 

目次

呪術廻戦 97話 ネタバレ 感想 考察

術式を封じられた猪野

場面は猪野VSオガミ婆の孫。

 

 

孫は見た目は完全に禪院甚爾になっています。

 

禪院甚爾を知らない猪野でも、立ち姿を見ただけその強さがわかります。

 

https://poporo3.com/zenninn-touji/

 

猪野は4番目の瑞獣の「竜」を使おうとするが、孫に帽子を取られてしまい瑞獣が使えません。

*猪野の術式は、顔を隠すことで自らを霊媒とし4種の瑞獣の能力を降ろし使えるというもの。

 

術式を封じられた猪野はフルボッコにされます。

 

ポポロのアイコン画像ポポロ
術式を使えない状態では勝てそうにないですね。

 

粟坂の術式は あべこべ

粟坂の術式が判明しました。

 

「あべこべ」

 

術式発動中、粟坂にあたる攻撃は、強いほど弱く、弱いほど強くなるという術式です。

 

「あべこべ」にできるのも上限下限があります。

例えば、空気抵抗などのかなり弱い力を「あべこべ」にして大ダメージを受けることはありません。

 

逆に五条のような規格外の攻撃を「あべこべ」にして弱くすることもできません。

術式の上限を超えているからです。

 

なので粟坂にダメージを与える方法は2つあります。

  1. 無下限呪術のような粟坂の術式の上限を超える攻撃をする。
  2. 強い力とほどほど弱い力で同時に攻撃する。

 

ポポロのアイコン画像ポポロ
自分の攻撃も「あべこべ」できたらもっと強かったですね。

 

https://poporo3.com/jyutusiki/

 

粟坂撃破!!

脱兎の攻撃でダメージを受けたのを見て伏黒は粟坂の術式の正体に気がつきます。

 

虎杖の攻撃(強い力)とガマ(弱い力)の同時攻撃で粟坂にダメージを与え

 

最後は虎杖が寸止めで勢いを殺したうえでのパンチで粟坂を撃破!!

 

ポポロのアイコン画像ポポロ
伏黒が粟坂の術式を見抜けなかったら負けていたかもしれませんね。

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる