呪術廻戦115話 ネタバレ 感想 考察

呪術廻戦115話 ネタバレ 感想 考察です。

目次

呪術廻戦115話 ネタバレ 感想 考察

115話 あらすじ
  1. 漏瑚が極ノ番「隕」を使用し、巨大な隕石を渋谷に落とす。
  2. 日下部やパンダ、夏油ファミリーたちが「隕」に巻き込まれないように逃げようとするが、宿儺が動いたら殺すと宣言。
  3. 宿儺は漏瑚の得意な炎での火力勝負を提案する。
ポポロのアイコン画像ポポロ

日下部だけでなくパンダも全力で逃げようとしているのを見ると、宿儺と漏瑚の強さがわかりますね。

漏瑚が極ノ番「隕」を使用、巨大な隕石を渋谷に落とす。

追い詰められた漏瑚が、極ノ番「隕」を使いました。

「極ノ番」の詳細は不明ですが、領域展開とは別の奥の手と考えて良いでしょう。

「隕」は巨大な隕石を落とす技で広範囲に攻撃ができる強力な技ですね。

夏油ファミリーの後ろいたのはモブキャラだった

114話で夏油ファミリーの後ろに3人隠れているとパンダが言っていましたが
3人のうち2人は日下部にやられています。

2人ともフードを被っているので正体は不明ですが、モブキャラの可能性が高いと考えています。

ポポロのアイコン画像ポポロ

残りの1人がラルゥの可能性がありますね

宿儺の術式は「斬撃」ではない??

今週で宿儺の術式のヒントが出ました。

宿儺が術式を使うときに言ったのは

「■」
「開(かい)」
そして手に炎を出しました。

■に何が入るのかはわかりませんね。

これを見て漏瑚は「宿儺の術式は斬撃ではなかったのか」と驚いています。

漏瑚の発言がミスリードで、宿儺の術式が斬撃系の可能性もあります。

宿儺の術式が切断ではなかったとすると虎杖の「存在しない記憶」を植え付けるのは宿儺の術式である可能性が低くなりましたね。

切断⇄接合=存在しない記憶を植え付ける の仮説は間違いであるということです。

宿儺の術式を知っている人が結構いる??

そうか知られているとものと思っていたが

そもそも呪霊 知らぬはずだ

呪術廻戦 芥見下々 115話 引用

宿儺と戦った術師は多くいたので、術師には術式がバレていると考えていたのでしょう。

となると高専関係者で宿儺の術式を知っている人はいそうですね。

ポポロのアイコン画像ポポロ

偽夏油は宿儺の術式を知ってそうですよね

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる