呪い

呪いとは人間から出てきた負の感情(辛酸、後悔、恥辱)のこと。

 

学校や病院のような大勢の思い出に残る場所には呪いが吹き溜まりやすい。

それは人間が記憶を思い返すたびに、その感情の受け皿になるから。

 

呪術廻戦の作中では、日本国内で年間1万人を超える怪死者・行方不明者は「呪い」の被害によってもたらされている。

 

・呪いは呪いでしか祓えない。
・人口に比例して呪いも多く強くなる。
・死に際など特殊な場合を除くと普通の人間には「呪い」を見れない。
・呪いは物についているときが1番安定する。

目次
目次
閉じる