東京都立呪術高等専門学校 2話 黒く黒く ネタバレ 感想 考察

「東京都立呪術高等専門学校」は芥見下々先生が2017年にジャンプGIGAで連載していた漫画です。

呪術廻戦の0巻とされたことで、「東京都立呪術高等専門学校」と「呪術廻戦」は繋がった物語と考えていいでしょう。

今回は、全4話のうちの第2話です。

第1話はこちらです。

目次

東京都立呪術高等専門学校 2話 黒く黒く ネタバレ

真希との鍛錬

里香ほど大きい呪いを祓うことはできません。

なので、呪いを解くことになりました。

刀に里香の呪いを少しずつ、移動させてコントロールする。

それを繰り返しやることによって、量を大きくし、最終的には全ての呪いをコントロールするという計画です。

 

刀に呪いをこめるのと同時に刀の扱い方も慣れないといけません。

なので呪具使いの真希と訓練することになりました。

ボロボロになりながら鍛錬をします。

東京都立呪術高等専門学校 芥見下々 2話 引用

 

狗巻のサポート

乙骨は狗巻棘のサポートとして、棘が呪いを祓いに行くのに同行します。

サポートというよりは見学で、呪いを解く必要がある乙骨は呪いについては学ぶために行きます。

棘は2年で唯一2級術師で一人で祓いに行くこともあるようです。

 

今回の現場は商店街。

商店街に低級の呪いの群れが出たようで、そいつらを祓うのが棘の仕事です。

 

途中、棘はのど薬を買っています。

祓うのに必要なのでしょうか。

 

帳を降ろし、商店街の中に進んでいくと、魚に似た呪いが大量にいます。

棘は呪いの近くにより

爆ぜろ!!

東京都立呪術高等専門学校 芥見下々 2話 引用

 

棘の呪言により呪いは爆発します。

呪言を使った棘の喉は枯れています。

強力な呪言ですが、リスクがあるようです。

のど薬を買ったのはこの時のためでした。

 

依頼された呪いを祓い商店街から出ようとしますが、帳が上がらず出れません。

 

突如背後に呪いがあらわれました。

東京都立呪術高等専門学校 芥見下々 2話 引用

 

乙骨は一目見ただけで、今まで見た呪いよりも強いのがわかりました。

 

捻れろ!!

 

棘の呪言で呪いの腕が捻れます。

でも腕が捻れただけなので呪いはまだ攻撃をしてきます。

反撃しようにも、棘は喉が枯れていてもう呪言は使えそうにありません。

のど薬は呪いの近くに転んでいて、取りにいくのは難しそうです。

 

いったん二人は逃げ物陰に隠れます。

棘は一人で行こうとしますが、乙骨はそれに反対し、二人で祓いにいきます。

 

真希との訓練の成果が出たのか

素早い身のこなしで呪いの攻撃を避け、刀で一太刀浴びせます。

その隙にのど薬を取り、棘に渡します。

 

のど薬を飲み

潰れろ!

 

なんとか呪いを祓うことができました。

 

二人の様子を遠くから見ていたのは夏油傑。

2匹目の呪いは夏油が連れてきたものでした。

乙骨についている里香を見にきたようです。

 

2話終了!!

 

2話 感想 考察

乙骨の戦闘力

今回、刃物を扱えるようになるために真希と訓練しました。

さっそく呪いとの戦闘で訓練の成果を出せましたね。

訓練していたというのを差し引いても乙骨の動きは見事で、刃物扱いに向いているのかもしれません。

東京都立呪術高等専門学校 芥見下々 2話 引用

 

33話の表紙で乙骨らしき人物が描かれていました。

恐らく刃物と思われる荷物を持っていたので

乙骨が「呪術廻戦」で再登場したときは、刀を武器に活躍してくれるかもしれませんね。

 

狗巻の実力

1年生なのに2級呪術師で一人で祓いに行くという狗巻はかなりの実力者ですね。

今回、二匹の呪いを祓っています。

特に二匹目は準1級レベルの呪いです。

棘が万全の状態なら、一人でも祓うことができたでしょう。

 

4人の特級

夏油が特級が4人いると言っています。

今わかっているのは、五条、乙骨、夏油の3人が特級です。

ということはあと一人特級の人物がいるということです。

最後の一人は、呪術廻戦で登場するのでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる