呪術廻戦 帳を解説!!

帳とは、外から術師たちを見れなくし、呪いをあぶり出すための結界。

闇より出でて 闇より黒く その穢れを 禊ぎ祓えが帳をはるときに唱える言葉。

帳の特徴
  • 非術師は帳そのものを見れないので帳の中を見えるが、中で何が起きてるか気がつかない。
  • 帳に特殊な効果をつけられるが、その対象は呪力にまつわるものだけ。
    例:人間、呪霊、呪物に出入りを禁じる。
  • 帳で電波が経たれるが、それは副次効果でしかない。

嘱託式の帳はこちら

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

お気軽にコメント下さい。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる