未分類

約束のネバーランド 101話 おいで ネタバレ 感想 考察

約束のネバーランド 101話 おいで ネタバレ

クヴィティダラ

エマたちは、シェルターから出発して52日後にクヴィティダラに到着した。

クヴィディダラには石で作られた遺跡らしきものがあります。

 

レイ「クヴィティダラには竜がいてその目はなんでも見通せる。皆がその目を欲しがってクヴィティダラに押し寄せる。」

レイ「クヴィティダラは竜の町。あの古文書にはそう書いてあったな。」

 

みんなで遺跡を探っていると、エマは石に矢印を彫ってるのを見つける。

その矢印の先にいくと、目らしきものが石に彫ってあり、エマがじっと見ると

異空間へ!!

 

異空間

異空間にいるエマは、いろんな光景を見る。

クヴィティダラの遺跡で鬼が儀式をやっている。

鬼と人間が握手をしている。

人間が何かから逃げている。

何人もの人が倒れている。

カプセルに入った人の前で二人の鬼が話している。

鬼と人(フクロウがいるので、恐らくラートリー家のもの)握手している。

 

すると子供サイズの鬼が話かけてくる。

約束のネバーランド 101話 白井カイウ 出水ぽすか 引用

「かこの光景だよ」

「めずらしいね、生きた人間なんて」

「今君は見ているだけ」

「ちゃんとおいでよ、次は入り口から」

「ここには何もないけど、なんでもある」

「入り口はどこにもないけど、どこにでもあるから」

「そしたら遊ぼ」

 

そして子供サイズの鬼に指ではじかれて、エマは異空間から現実に戻った。

エマは高いところへ登り、遺跡全体を見た。

すると、遺跡は目の形になっていた。

 

エマは見てきたこと、XXX(鬼語で表記の人物)にも会ってきたとレイに伝える。

ムジカからもらったペンダントを見て、遺跡とペンダントが似ていることに気がつく。

そして昔の遺跡とペンダントはもっと似ていた。

 

エマは考えを整理します。

この遺跡が竜の目。

かつては何かが見える特別な場所だった。

ムジカからもらったペンダントが会ったから、私は見れた。

ミネルヴァが7つの壁にたどり着けなかったのは

この場所がもう使えなくなっていたから…。

 

見てきたこと、考えたことをエマはみんなに伝えます。

一度シェルターに戻ることになりました。

 

もう一度あの場所に行って約束を結び直せば

あと1年半以内に必ずやるとエマは決意する。

 

エマたちが遺跡を去る後ろ姿を見て

子供サイズの鬼が「おいで、おいで」と言っている。

 

101話終了!!

 

約束のネバーランド101話 おいで 感想 考察

物語の核心

今回は物語の核心が出ましたね。

ついにXXX(鬼語表記の人物)も出ました。

過去の光景でも鬼は儀式らしきものをしていました。

やはり鬼には宗教的な何かが中心にあるようですね。

その宗教的なもの何かの中心にXXXがいるということでしょうか。

ムジカ

やはりムジカは特別な鬼だったのですね。

ムジカのペンダントが無ければ、異空間にも行くことなかったでしょう。

ムジカたちは何者なのでしょうか。

ソンジュと一緒に旅をしている目的はなんだろうか。

竜の目の復活がムジカたちの旅の目的なのでは。

根拠はありませんが。

どことなくムジカとXXXが似ているような気がします。

ムジカがXXXの後継者になる、なんていうのは妄想ですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。