よご

呪術廻戦

呪い

呪い

呪霊

呪力

呪術

術式

黒閃

その他

呪術師

呪詛師

呪力

ぶいびひほ

のろい

ひおじょじょい

タイトルを追加

領域展開とは術式を付与した生得領域を呪力で周囲に構築すること。*生得領域=心

呪術の極地とも言われ、呪術廻戦における必殺技。

領域展開のメリット

  1. 術式が必中になる。
  2. 術者のステータスが上昇する。

  必中になることで、五条の無下限呪術や真人の無為転変などの必殺の術式が必中必殺になります。  

デメリットは大量の呪力を消費することです。  

領域展開の対処法

  1. 呪術で受ける。
  2. 領域外に逃げる(たいてい無理)
  3. 自分も領域展開をする。(洗練された方が場を制する)
  4. 簡易領域を使う。
  5. 領域展開をさせない。 領域展開をするには印を結ぶ必要があるのでその隙を与えない。

  領域展開 その他特徴


呪いとは人間から出てきた負の感情(辛酸、後悔、恥辱)のこと。

学校や病院のような大勢の思い出に残る場所には呪いが吹き溜まりやすい。

それは人間が記憶を思い返すたびに、その感情の受け皿になるから。

呪術廻戦の作中では、日本国内で年間1万人を超える怪死者・行方不明者は「呪い」の被害によってもたらされている。

・呪いは呪いでしか祓えない。
・人口に比例して呪いも多く強くなる。
・死に際など特殊な場合を除くと普通の人間には「呪い」を見れない。
・呪いは物についているときが1番安定する。